待ちに待った赤ちゃんがいよいよ家にやってくる!ワクワクする気持ちもあるけれど、実際は赤ちゃんとの新生活に経済的な不安を感じる人も多いのでは?

赤ちゃん用品っていくらぐらい?毎月どれくらいかかるの?そんな赤ちゃん費用の疑問節約のコツをご紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれる前の準備ってどれくらい費用がかかるの?

私の場合1人目の妊娠のときは手元にベビーグッズが何もない状態でした。育児本を参考に一からベビー用品を揃えなければならず、出費が多めでした。

新生児用の肌着10着・おくるみ、スタイなど身に着ける物でおおよそ2万円。ベビー布団セットで3万円。

爪切りや哺乳瓶など身の回りのお世話グッズは5千円程度、ベビーバスやハイローチェアなど家具類はまとめて5万円ほどかかりました。合計で10万円といったところでしょうか。

 

2人目以降はこれらはほぼ使える状態でしたので、費用はほとんどかかりませんでした。肌着などくたびれたり、汚れが目立ったりした物は買い足し、買い替えをして3千円程度だったと思います。

 

赤ちゃんって毎月どれくらい費用がかかるの?

さぁ、いよいよ赤ちゃんとの生活です!毎月消耗品は買い足していく必要があります。

主なものはおむつミルクですが、おむつは紙か布か、母乳で育てるか粉ミルクもありか、人によって費用は変わってきます

 

私は4人すべて紙おむつにしたので毎月6千円かかりました。これはメーカーによって価格に差がでます。赤ちゃんの皮膚に合うおむつを探すため、最初は数種類のおむつを用意しておきました。

月齢が上がってくると、皮膚も丈夫になるので安いメーカーに変えることもできます。うちの子は1メーカーしか合わずまあまあ中堅の価格のおむつを使い続けました。

 

紙おむつに対して布おむつの場合は、毎月の出費はほぼゼロです。その代り、出産前に一式を揃えておく必要があります。相場は3万円ほどのようです。

洗濯が苦でない方はチャレンジしてもいいかもしれません。一度紙おむつの楽さを知ってしまった私には無理でしたが、布おむつライフを楽しんでいるママ友も私の周りにはいます。

 

次はミルク代です。母乳が出るか出ないか、それは赤ちゃんが生まれてみないと何とも言えません。

私は1人目はミルクアレルギーの疑いがあったためアレルギー専用粉ミルクと母乳の混合、2人目は母乳の量が足りなくて粉ミルクを追加で混合、3人目は完全母乳、4人目は育児ストレスから母乳か突然出なくなり粉ミルクのみ、というように様々でした。

 

粉ミルクもメーカーによってピンキリで一概には言えませんが、一般的な粉ミルクで育てた4人目の時は、1歳の誕生日まで月5千円かかりました。

ミルクで育てる場合、粉ミルク以外にも出費はあります。乳首のサイズ変更が4回、哺乳瓶も割れたり劣化したりで交換・補充が必要になり、全部で1万円ほどかかりました。

母乳が出るなら母乳で育てたほうが安上がりなのは間違いありません。

 

赤ちゃん用品を安く手に入れるコツは?

初めての赤ちゃんには新しい綺麗なものを用意したい!そう思うママもいると思います。でも子育ての期間は長いもの。将来に少しでも備えておくために、私はこんな節約をしていました。

 

まずは親戚、兄弟など身近な子育て中の方に赤ちゃん用品を譲ってもらいます。不要になったベビー用品を引き取ってもらえる、と逆に喜ばれました。

今は棄てるのにもお金がかかりますもんね。頂いた物の数が多ければ、少しお返しを用意しました。ここは気持ち程度で良いと思います。

 

次にネットオークションです。身近な人にもらうのとは違いお金がかかりますが、自分の好きな物だけ、好きな分選ぶことができます。

まとめて○○円とか、育児グッズ一式○○円、などまとめ売りもしている出品者もいるので、自分に合った買い方ができます。

もちろんこちらは中古であることが多いので自分で画像を見て判断することが必要です。

 

オークションは買うだけでなく、売ることももちろんできます。私は子供の成長とともに使わなくなったものをドンドン出品しています。

うまく買い手がついてくれれば、次の必要な子育て費用にあてられます。お部屋も片付くし、一石二鳥です。

 

三つめはレンタルです。今は「ベビー用品 レンタル」などで検索すると扱っている会社がたくさん出てきます。ベビーベッド、ハイローチェア、ベビーバスなど扱っている商品も豊富です。

ベビー家具は良いお値段がするわりには、使う期間も短く置き場所に困るもの。短期間と割り切って、レンタルもおススメです。

私は実家に里帰りしている間はレンタルのベビーベッドを利用しました。新品も選べましたし、運送業者に引き取りに来てもらえるのが楽でした。

値段は買うよりは少し安い、といったところでしょうか。

 

次は家族計画です。細かくなくていいんです。一人っ子にするのか、兄弟がこの先欲しいのか、それぐらいでも大丈夫。もしこの先もう一人以上望んでいるのであれば、ベビー家具などはレンタルより買ったほうが断然安くつきます。

私は3人のつもりが思いがけず4人になってしまい、家が一気に手狭になたため、引っ越すことに。引っ越し費用や家具の追加などで100万ほどかかってしまいました。

育児グッズを残しておいて本当に良かったと思いました。(苦笑)

 

まとめ

赤ちゃんとの新生活、出費は必ずありますが、きちんと把握していれば安心ですよね。

自分のライフスタイルにあった節約法で、長い育児生活を赤ちゃんと一緒に楽しんでくださいね。