近頃では、出産しても仕事を続けるママが多くなってきていますが、育休後退職してしまうママも少なくありません。

育休を取ったのにも関わらず、なぜ退職してしまうのでしょうか?

今回の記事では、育休を取って退職する様々な理由について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

育休を理由に退職させられる

共働きが当たり前になりつつある昨今ではありますが、出産や育休を理由に退職を促される企業もまだまだあるようです。

しかし、出産によって退職して、経済的に余裕があるのならまだしも、経済的に苦しくなってしまうのでは、これから先のことが不安になってしまいますよね。

なぜ、それでもなお、会社側では出産したら退職してほしいとなるのでしょうか。

 

下記のような理由が考えられると思います。

  • 休業中の代替要員の手配の手間
  • 休業に入る際や復帰する際の引き継ぎの手間やコスト
  • 育児休業給付金などの手続きの手間
  • 他の社員への負担
  • 復帰後の勤務時間の調整
  • 緊急時等(子供の病気等)のフォロー

 

確かに、産休・育休を取ることで、余計な手間やコストがかかったり、他の社員からの不満が出てくることは面倒なことともいえますよね。

女性社員の産休や育休に対して、会社側の負担が大きいので、マイナスと捉えていることが多いのだと思います。

会社側では「会社の負担を考えると、働けないなら辞めてほしい」というのが本音なのでしょうか。

特に、ギリギリの人数で回している会社では、そう考えてしまうのもやむを得ないのかもしれませんね。

 

会社側でも事情はいろいろあるかとは思いますが、育休を理由に退職させることは違法になります。

出産や育休を理由に退職させられて、どうしても納得がいかないのであれば、何らかの対処を視野に入れてもよいかもしれませんね。

育休を理由に退職させられた場合の対処法が載っているサイトがありますので、下記を参考になさって下さい。

⇒ 育休を理由とした会社都合の退職と法律の関係について!その対処法とは

 

育休後に退職する理由

育休を取りたいけれども会社側から退職を促されるママがいる一方で、育休を取ったけれども退職したいと考えるママもいます。

どういった理由で、育休後に退職したいと考えるのでしょうか。

  • 保育園が見付からなかった
  • 子供の体調、もしくはママの体調が思わしくなかった
  • 職場に迷惑をかけるのが不安
  • 仕事と育児を両立する自信がない
  • 子供の側にいて成長を見守りたい

 

育児休業が終わる子供が1歳位の頃は、ちょうどママの後追いが始まります。

ママの姿がちょっとでも見えなくなると大泣きをしてしまう我が子を預けて仕事に行くのは後ろ髪を引かれることでしょう。

子供が病気になれば職場に、残業をすれば保育園や父母・義父母に、また家では協力してくれるように、気を遣って

復帰後の自分を想像すると、復帰するぞ~!という意欲が萎えてしまうのも理解できるような気がします。

 

そんなママの中には、育休後に退職したい場合の理由について悩んでいる方もいらっしゃるようです。

そのままの理由で良いような気もしますが、気が引けるならば「主人が家にいて欲しいと言っている」「体調が思わしくなくて両立できない」などではどうでしょうか。

どちらにしろ育休後の退職で、円満退社を望むのはちょっと虫が良すぎるかなあと思います。

退職と決めたならば、なるべく会社に迷惑がかからないよう、早めに申し出てほしいと思います。

 

育休を機に退職する理由から見えてくるもの

育休を機に、会社から退職勧奨を受けるママ、何らかの事情で退職してしまうママ。

育休後の退職で一番多い理由について、興味深いデータを見付けました。

 

2016年3月に、明治安田生活福祉研究所さんが行った調査によると、妊娠・出産を機に仕事を辞めた女性は、20代で73.1%、30代で50.5%となっています。

実は、そのうち仕事を辞めた理由で最も多かったのが、「家庭や子育てを優先したい」ということでした。

また、出産時に雇用関係がない女性は、20代で81.1%、30代で65.4%、なんと約7割以上のママたちが仕事に就いていないことになります。

復職してすぐに退職した人を含めたら、もっと多いかもしれませんね。

最近は共働きが多くなってきているというイメージがありますので、退職した理由も意外でしたが、出産時に会社に在籍していないママがこんなにいることにちょっと驚きました。

 

明治安田生活福祉研究所が行った調査のサイトはこちら

⇒ 20~40代の出産と子育てに関する調査

 

もう一つ気になるデータがあるのですが、それは、多くのママたちが子供の成長に合わせて復職したいと希望していることです。

子供が大きくなるにつれて、正社員を希望しているママが多くなっているというデータもあります。

しかし、子供が大きくなっていざ働こうと思っても、希望している仕事に就けないという、理想と現実とのギャップを目の当たりにしてしまうのです。

これから教育費がかかる時期だというのに、復職したとしても出産前のキャリアを活かすことができず、以前のようにはなかなか収入を得ることができません

 

それでもなお、退職理由に「家庭や子育てを優先したい」という意向が多く見られるということは、「仕事と家事・育児を両立させるのは大変」ということが見え隠れしているようにも感じます。

そして、「仕事か子育てか」という究極の選択を迫られて、「子育て」を選ぶママが多いということなのかもしれませんね。

「働きたいけど、子育てをしながら仕事を続けるのは無理!」とママが自分のキャリアを断念してしまう、そんな背景には、企業や家庭の支援不足があるのではないでしょうか。

 

会社や夫に余力があって、働くママを十分サポートすることができるならば、育休後でも仕事を続けることができるのではないかと思います。

また、今の現状でそれが不可能ならば、育休後の継続雇用と同時に、出産・育児後に復職できるシステムがあればよいのではないかとも思います。

そうすることで、女性も過去のキャリアを活かして収入を得ることができ、生き生きと社会に貢献できるのではないでしょうか。

それこそが、政府の掲げている「女性活躍推進」に繋がっていくのではないかと思います。