お勤めをしていると、次の子を授かりたいと思っていても、妊娠するタイミングをどうするか悩んでしまいますよね。

また、育休中に妊娠してしまう場合もあると思うんです。

そこで今回の記事では、妊娠を理由に育休や給付金の延長ができるかどうかについてまとめました。

スポンサーリンク

 

法律上では妊娠を理由に育休を延長することはできる?

育休中に妊娠をした場合、中途半端に職場復帰しても、かえって迷惑がかかるかもしれないと思うと、そのまま育休を延長してしまった方がよいのかなと考えてしまいますよね。

はたして、妊娠を理由に育休を延長することはできるのでしょうか。

 

「育児・介護休業法」によると、育児休業は、原則として、出生した日から子供が1歳に達する日(誕生日の前日)までの、労働者が申し出た期間です。

また、次のいずれにも該当する場合は、育休を1歳6か月(2歳前)までの期間に延長することができるとなっています。

  • 子供が1歳に達する日(誕生日の前日)において育児休業をしている場合
  • 保育所に入所できない、配偶者が死亡、怪我や病気、離婚等で1歳を超えても休業が特に必要と認められる場合。

ただし、保育所に入所できない理由で育休を延長する場合は、保育所に入所できないということを証明する「保育所入所保留通知書(不承諾通知書)」という書類が必要になります。

また、無認可保育施設は含まれません

 

法律上では、育休を延長する理由として、特に妊娠については触れていませんので、残念ながら、妊娠を理由に育休を延長することはできません

保育所に入所できない等の理由でなければ、育休を延長することはできないようです。

 

妊娠を理由に育休を延長したい場合は会社に相談してみましょう

法律では、妊娠を理由に育休を延長することはできませんが、実は、育児休業は会社の規定によって決められているんです。

ですので、その会社の規定によっては、妊娠を理由とする育休の延長を認めている場合があります

まずは、会社の就業規則を確認してみたり、会社の上司に相談してみて下さい。

また、会社に相談することで、会社の規定にはなくても、延長について配慮してもらえる可能性があるかもしれません。

 

しかしながら、会社に相談しても育休の延長に応じてもらえない場合は、仕方がないので、とりあえずは職場復帰してみましょう。

小さいお子さんを抱えながら妊娠している身体で、保育所の入所申し込みをしたり、仕事をされたりするのは大変かもしれません。

くれぐれも無理をなさらないように、体調が悪い時は、遠慮せずに必ず職場の方に伝えましょう。

 

体調が思わしくないけど職場ではいい顔をされない、といった状況であれば、最悪「退職」という選択も考えておいた方がよいかもしれません。

できれば仕事を続けたいというお気持ちはよくわかりますが、何が一番大事なのかをよく考えてみて下さいね。

 

このような事態もあり得ないことではないので、子供が産まれる前の夫婦で稼ぐことができる時期に、できるだけ貯蓄をしておくことを強くお勧めしたいと思います。

もちろん、保育所に入所できずに入所保留通知書を発行してもらえば、延長は認められます。

 

保育所入所保留通知書(不承諾通知書)についての詳しい記事はこちらです。

⇒ 育休の延長には「保育所入所不承諾通知書」が必要!取得するためのポイントとは

 

妊娠を理由に育休を延長した場合、給付金はもらえる?

妊娠を理由に育休の延長を認められた場合、気になるのが育児休業給付金についてですよね。

通常、育児休業給付金は1歳未満の子供を養育するために育児休業を取得した場合、一定の要件を満たすことによって支給を受けることができます。

 

また、下記のどちらかの理由で、子供が1歳以後の期間に育児休業を取得する場合、1歳6か月に達する日前まで育児休業給付金の支給対象期間が延長されます。

さらに、子供が1歳6か月以後の期間に育児休業を取得する場合には、2歳に達する日前まで支給対象期間が再延長されます。

1、保育所の入所を希望し、申し込みをしているにもかかわらず入所できない

  • あらかじめ1歳に達する日または1歳6か月に達する日について、保育所に入所できるように申し込みをしている場合に限ります。
  • 無認可保育施設は含まれません

2、子供の養育を行う配偶者等が、以下のいずれかに該当した場合。

  • 配偶者が死亡した時
  • 配偶者が病気や怪我、精神上の障害により、育児が困難な状態になった時
  • 離婚等により、配偶者と子供とが同居しないことになった時
  • 6週間(多胎妊娠は14週間)以内に出産予定、または、産後8週間を経過しない時

 

上記の要件からも、妊娠を理由に育休を延長した場合には、残念ながら育児休業給付金は支給されません

ただし、保育所に入れない等の正当な理由で育休を延長する場合子供が1歳6か月に達する日前、または2歳に達する日前まで、給付金の支給期間は延長されます。

細かい日付の規定等があり、一日違いで給付金がもらえなくなってしまう可能性もありますので、育休の終了予定日や保育園の申込日等には、気をつけてくださいね。

 

また、育児休業給付金の支給期間中に、他の子の産前産後休業または育児休業や介護休業が開始された場合は、その新たな休業の開始日の前日をもって、当初の育児休業給付金の支給は終了となります。

ですので、育児休業給付金の支給期間中に次の子を妊娠して産休に入った場合は、次の出産手当金や育児休業給付金が支給されるまで給付金はもらえなくなってしまいますので注意してください。

 

 

妊娠を理由に育休を延長することができたとしても、給付金が支給されないのであれば、職場復帰も考えなければならないかもしれませんね。

妊婦にとっては、なんともキツイ条件のような気もします。

もちろん、育休を延長することは会社にとって迷惑なことだと思いますし、そのキツイ条件の中で働きながら2人目・3人目と出産しているママもたくさんいらっしゃいます。

しかし、小さい子供のお世話をしながらの妊婦であるママの負担や、切迫などのリスクがあることを考えると、このような環境下では、2人目の出産を諦めてしまうママもいらしゃるのではないかと心配になります。

安心して、2人目・3人目を産めるような社会になっていってほしいですよね。