出産してから、無我夢中で赤ちゃんのお世話をしていたら身体に異変が…

身体中が痒い、「え!もしかして、じんましん??」

今回の記事では、育児に疲れたママに多く発症してしまうじんましんについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

産後は育児の疲れからじんましんになりやすい

産後のじんましんは、よくあることのようです。

産後は、ホルモンのバランスが急激に変化したり、育児の疲れや睡眠不足、ストレスなどが蓄積されたりしているので、通常に比べてじんましんが出やすい状態といえるでしょう。

 

じんましんは、食べ物や薬品、植物、ダニなどが原因で起こるアレルギー性のものと、疲れやストレス、偏食などによって起こる非アレルギー性のものとに分けられます。

産後の多くのママに出やすいじんましんは、出産による身体への負担や、慣れない育児による疲れやストレスで、心身ともに疲労が溜まってしまったことが原因で起きる非アレルギー性ではないかと考えられます。

 

皮膚の深い層にある真皮の部分に、マスト細胞という白血球があります。

この細胞が何らかの刺激を受けると、血管を拡張させたり神経を刺激したりしてかゆみを引き起こす、ヒスタミンと呼ばれる物質を誘発させます。

ヒスタミンが過剰に放出されることで、皮膚の表面にミミズ腫れやぶつぶつなどといったじんましんが出てきます。

 

育児疲れから出るじんましんの治療

産後にじんましんが出た場合は、原因がわかっているならば、それを回避することが有効になってきますが、なかなか原因はわからないことの方が多いかと思います。

やはり、皮膚科で専門の医師に相談するのが一番安心ですし、じんましんによる痒みのストレスも軽減すると思います。

赤ちゃんのお世話で忙しく、受診する余裕もないかとは思いますが、早めに病院に行かれた方が余計なストレスはなくなります。

思い切って、受診されてみてはいかがですか。

 

受診の際には、食べ物や体調、天気、出来事などを記録しておき、持参するとよいでしょう。

また、じんましんが出たり消えたりする場合は、画像に撮っておくのも情報を伝える一つの方法です。

 

もし、どうしても病院に行くことができないのであれば、赤ちゃんの健診などの時に、ママのじんましんのことについても相談してみましょう。

 

また、心配なのは、授乳中の内服薬の使用についてですよね。

今は、授乳中でも服用できる薬もあるらしいのですが、納得できるように、医師によく相談されてみてください。

内服薬を使用しない場合には、痒みを抑えるための塗り薬を処方されることもあります。

場合によっては、授乳を一時的にストップしてでも早く治療しなければならないことがあるかもしれません。

この場合もよく医師と相談なさって下さい。

 

自己判断で市販薬を使用するのは、症状をかえって悪化させたりしますので控えた方がよいですね。

特に授乳中は母乳に影響が出てしまったりするので、注意して下さい。

 

育児疲れから出るじんましんの予防法とケア

産後のじんましんは、疲れや睡眠不足、ストレスに注意したり、生活スタイルを見直したり工夫したりして、予防を心掛けることも大切です。

栄養のバランスにも気をつけて食事をしましょう。

甘いものや脂っこいものは、なるべく避けたほうがよいと思います。

ただし、赤ちゃんのお世話をしながらの食事作りは大変な場合もあるでしょうから、ストレスにならないように、お惣菜やお弁当を利用するなど上手に手抜きもして下さいね。

 

また、じんましんが出やすい状況を作るものは、なるべく避けるようにしましょう。

山芋やほうれん草、ゴボウなど、灰汁の強い食品に触れる時は手袋をしたり、洗剤や肌着などにも注意してください。

 

そして何より、なるべく疲れを溜めないことです。

赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたり、ご主人や親御さんに赤ちゃんを見てもらったりして身体を休ませてくださいね。

上手にリフレッシュすることも大切です。

育児疲れのリフレッシュ方法についての記事も参考になさって下さい。

⇒ 育児に疲れているママ必見!育児疲れに向き合うコツとリフレッシュ方法

 

じんましんが出てしまったら、早めに医療機関で受診するのはもちろんですが、痒みのある時には冷たいタオルで押さえるようにして冷やすと少し緩和されます。

傷ができると感染のリスクが高くなったり、悪化したりしますので、くれぐれも掻き毟らないように

お風呂はぬるめのお湯を使って、なるべくお肌を刺激するものは使用しないようにしましょう。

あまりにもひどい時は、石鹸を使わずにぬるめのお湯で洗い流すだけで充分です。

 

育児の疲れからじんましんが出たらとにかく休む

産後にじんましんが出たら、とにかく身体を休めましょう。

自分では自覚がなくても、身体は思った以上に疲れています

身体の方で、じんましんを出すことによってSOSを訴えているのですから。

 

産後のじんましんは、体調が落ち着くと自然に治ることが多いようです。

個人差がありますが、1週間の人もいれば、1か月の人もいます。

1年くらいかかって治る場合もあるので、とにかく無理をしないことだと思います。

 

育児をしながら、自分の身体のケアをするのは大変ですが、笑顔で赤ちゃんと向き合うためには、ママが元気なことが一番です。

どうぞ、頑張りすぎないでご自分を労わってあげてくださいね。