育児中のママは、ストレスがつきもの。

しかし、身体に不調を感じても、子どもがいるから…と、自分のことは後回しになってしまい、病院に行きにくい状況がありますよね。

そこで今回の記事では、育児中にママが不調になった場合、子連れでの受診時のポイントと悩みについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

育児中ストレスでママが不調になっても病院へ行けない事情

我が子が産まれてきて、子どもの成長をそばで感じられる喜び、そして、その笑顔に癒され、幸せを感じることでしょう。

しかし、その中で、自分の思い通りにいかないことが多く、ストレスを溜めてしまうことも…

子育てをしていて、身体に不調が起きたとしても、病院へ行くことをためらってしまうママって多いのではないかと思います。

 

パパがお休みしやすいお仕事だったり、親御さんが近くにいて子どもを預けやすい環境だったりする場合は、良いですが…

転勤で見知らぬ土地や、実家から離れた場所に住んでいる場合、実家が近くでも親御さんが働いている場合のような、子供を簡単に預けられない環境では、ちょっとくらいの不調は我慢してしまうのではないでしょうか。

  • 「たいしたことないし、様子を見ておこう。」
  • 「赤ちゃんを連れて、病院へ行くのは大変。」
  • 「受診や検査、治療をしている時、赤ちゃんはどうなるの?」

このような理由で、不調は気になるけど、病院へ行かなくてもいいかな!というママは少なくないといえるでしょう。

 

育児のストレスで不調!病院へ行くのを迷った時は…

育児中、病院へ行こうか迷うような症状だった場合、思い切って病院へ行くことをおススメします。

もし、子どもを預けられない場合、子どもを連れて病院へ行くのは大変なことですよね。

また、お仕事をされているママは、子どものことで仕事を休みがちなのに、自分のことで病院へ行くのはちょっと…と躊躇されるママもいらっしゃると思います。

 

しかし、子どもがいるからこそ、良い状態で子育てをしてほしいと思いますし、何より、子どもを育てなくてはならないママが、取り返しのつかないことになったら大変です。

心の奥で、病院へ行った方がいいのかも…と、ちょっとでも迷ったら、病院へ行くべきだと思います。

 

そこで、子連れで病院を受診する場合のポイントをまとめてみました。

  • 前もって、子どもを連れて行っていいのかどうか問い合わせをしてみる。
  • 子どもが飽きないように、絵本やシール、お絵かき帳、おもちゃ、ちょっとしたお菓子を持参する。
  • 行く前に「ママの病院へ行くの。痛い痛い人がいっぱいいるから、ちょっとだけおとなしくしてようね」と、言い聞かせる
  • また、予約制キッズスペースがある病院を探したり、病院が混む時間を避けたりする
  • 保育園や一時預かりのサ―ビス、自治体でやっているファミリーサポートなどを利用して、子どもを預かってもらう

 

意外と、子どもを連れて行っても、預けて行ったとしても、どうにかなることが多いようです。

「静かにしていてね」と言ったところで、子どもはすぐ忘れてしまうので、繰り返し言いきかせることも大切です。

子どもに、こういう場所に来て、静かにしなければならない時もある!ということを勉強させるいい機会でもあると思うんです。

 

ただし、受診する科によっては、子ども連れは非常識…と思っている患者さんも。

子どもが泣き出したり、騒いだりした時には外に出るなど、他の患者さんに対する気遣いを忘れずに。

 

育児中に不調になったママの病院受診時の悩みとは

子育て中のパパやママは、育児のストレスから、またはその他の原因で不調になった場合、次のようなことで悩んでいるようです。

持病を待っていて、子連れでたくさんの病院へ行った経験をもとに、ママの受診時の悩みについてお話させていただきたいと思います。

ママが病院へ行く際のヒントになれば幸いです。

育児ストレスで更年期障害のような症状が

更年期障害の症状だとすると、きっとお辛いのでしょう。

出産後、ストレスやホルモンの関係で、若くても更年期障害になる可能性はあると思います。

やはり、まずは係りつけの産婦人科に相談されてください。

行く前に、更年期障害の症状があること、子どもを連れて行きたいことを、連絡された方がよいかもしれませんね。

育児ストレスの頭痛!どうにかしたい

育児ストレスから、頭痛になるママは多いと思いますよ。

もし、あまりにも耐えられない痛みだったり、育児をするのにしんどかったりする場合は、係りつけの産婦人科に行かれてもよいと思います。

薬を処方してもらうことで楽になるかもしれません。授乳している場合には、主治医の先生に申し出て下さいね。

やはり、前もって子どもを連れて行くことを病院へ連絡しておくとよいですね。

妻の様子がおかしい!病院へ連れて行くべき?

育児中、ストレスから育児ノイローゼになる可能性は十分に考えられます。

育児ノイローゼといっても、心療内科を受診するか、精神科を受診するかを迷ってしまうことも。

おかしいなと感じたら、まずは係りつけの産婦人科に行くことをおススメします。

産婦人科では、症状によって病院を紹介してくれると思いますので、迷う心配もないですね。

ママ自身が子どもを連れて病院へ行く場合は、受診する前に、病院の方に伝えておきましょう

育児のストレスからの不調なのか病院へ行ったが改善されない

育児中に体調が悪くて病院へ行っても、なかなか改善されないことって、けっこうあるかもしれませんね。

様子をみて、身体がしんどいのであれば、セカンドオピニオンで別の病院に行ってみてもよいかもしれません。

赤ちゃんがいて再び病院へ行くのは大変かもしれませんが、あまりに不調なのであれば、別の病院に行ってみる価値はあると思います。

腱鞘炎の痛みがひどくなった

右腕の腱鞘炎は、出産後の多くのママにみられる症状です。

痛みのほとんどが、ホルモンの関係が原因であるため、卒乳するまでは、なかなか痛みが引かないようです。

私も、出産後になりましたが、おんぶをして病院へ連れて行きました。

待合室では、おんぶから降ろして、持ってきたもので遊びながら待っていて、診察や治療(注射や電気)の時はまたおんぶしていました。

今でしたら、抱っこひもなのでしょうか?!

その場合は、ベビーカーに乗せて診察や治療を受けるのがよいかもしれませんね。

以前からの持病で総合病院を受診

私は、もともと腎臓に持病があったので、1か月に1度、係りつけの総合病院で、検査、診察を受けなければなりませんでした。

1歳までは、少し離れた所にある実家に泊まって、預けて病院へ行ってましたが、それ以降は連れて行きました。

血液検査をする時はおんぶをして、時間が長い待ち時間の時には抱っこしたり遊んだりしながら。

栄養相談もありましたが、幼児用雑誌の付録を作りながら聞いていたら、幸いにも、飽きないで大人しくしていてくれました。

食事内容が難しい糖尿病なども、栄養相談をすることによって、育児中の食事のコントロールが楽になる場合もありますので、受診してほしいと思います。

歯医者に行きたいけど子どもがいるから…

子どもが何か月かの時に、歯のかぶせ物が取れてしまって係りつけの歯医者に行きました。

子どもをお腹の上にうつぶせに乗せて抱っこしながらの治療でしたが、何とか大丈夫でした。

前もって連絡はしておきましたが、歯医者さんの方でも、慣れているのか、すぐに対応してもらえました。

ここの歯医者は、小児歯科でもあるのですが、子ども自身の診察の場合、3歳になると一人で診察室に入らせられます。

そして、アンパンマンやディズニーの動画を見ながらの診察になります。

うちの子どももそうでしたが、診察室やスタッフの方の雰囲気に慣れていたのか、躊躇せずに一人で入っていったので、こちらの方がビックリしたくらいでした。

出産してから自治体の健康診断を受けていない

私も、出産してから1~2年の間は、検診の案内がきても、子連れで行くことに遠慮をして行きませんでした。

それではまずいと思い、まだ小さかった子どもを連れて行った覚えがあります。

でも、こちらが思うほどではなく、意外とすんなり検診ができました。

一番心配したのが、子宮がん検診と胸部のレントゲンでしたが、その間だけスタッフの方が抱っこしてくれていて、問題ありませんでした。

知らない人に預けるのが心配

私は、病院へ行く時には、子どもを親にしか預けたことはないのですが、子育てセミナーの時に、係りの方に託児をお願いしたことが、2~3回あります。

正直、初めての時は、とっても心配でしたし、預ける時に泣かれてしまうので、後ろ髪を引かれる思いでしたが、終わってお迎えに行くと、それなりに楽しんで遊んでいたようなんです。

ママも用事がある!ということをわかってもらうためにも、また、幼稚園の練習という意味でも、たまには離れるということも、もしかしたら子供のためになるのかもしれないと思いました。

離れる時はきちんと説明して、「いい子にしていてね。終わったらすぐお迎えにくるから」と言って、お迎えに行く時は「いい子だったね。ありがとう」と、心を込めて言い、ギュッと抱きしめてあげました。

 

 

ちょっとくらい具合が悪かったり、痛かったりしたとしても、頑張り屋さんのママは、ついつい我慢しがちです。

でも、我慢していて治療が長引いてしまったり、最悪、取り返しのつかないことになってしまったら、かえって、辛い思いをしてしまいます。

また、そうなってしまうと、家族にも心配をかけたりしてしまいますよね。

ママだからこそ、身体に心配なことがあったら、取りあえずは、病院を受診してほしいと思います。