妊娠中は喫煙を我慢していても、出産後、育児のストレスから「タバコが吸いたい!」と、悩んでいるママもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、授乳中や子どもの前での喫煙は、望ましいこととは言えないかもしれませんね。

そこで、今回の記事では、育児中のタバコについてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

育児のストレスからタバコを吸った場合の赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんのためにはタバコを吸わない方がいいと思ってはいるけれども、喫煙経験のあるママは、いざ、ストレスが溜まった時に、たばこを吸いたい衝動にかられてしまうのではないでしょうか。

もちろん子どもは可愛いのですが、赤ちゃんのお世話で忙しかったり、なかなか思うように自分軸で動けなかったり…

慣れない育児や生活で、どうしてもストレスは溜まってしまいます

母乳からの赤ちゃんへの影響や、受動喫煙などが気になりつつも、育児のストレスから、今まで我慢をしていたタバコに手を出してしまうことも。

そこで気になるのが、たばこを吸うことによって、子どもにどう影響があるかですよね。

 

ママの喫煙は授乳に影響する

まず、授乳についての影響ですが、喫煙していると母乳の分泌量が減るので、母乳が出にくくなります。

母乳の分泌量は、喫煙量が多いほど低下していくようです。

そのため、赤ちゃんが栄養不足になってしまう恐れがあります。

また、タバコを吸ったママの母乳には、ニコチンが含まれているといわれています。

ニコチンを含む母乳を飲んだ赤ちゃんが、イライラしたり、眠れない、嘔吐、下痢、頻脈などの、急性ニコチン中毒を起こすこともあります。

 

受動喫煙に注意

パパやママなど、周りでタバコを吸っている環境下に置かれている子どもは、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症のリスクが高まりますし、肺炎や気管支喘息といった呼吸器疾患、アトピーや鼻炎などのアレルギーにもなりやすいといわれているんです。

また、子どもの発育や発達にも影響があるといわれていて、受動喫煙の量が多いほど子どもの知能が低下する可能性があるようです。

その他にも、中耳炎や肥満、行動障害の発症にもリスクが高くなる可能性があります。

 

火傷や誤飲に注意

喫煙による母乳からのニコチン摂取や受動喫煙に加えて、注意しなければならいのが、子どもの火傷や誤飲の事故です。

くわえタバコをしながらの育児だったり、子どもの手の届く場所にタバコやライターを置いたりしたことで、思わぬ怪我や事故にもつながりかねません。

特に、タバコの誤飲については、子どもの誤飲の中で最も件数が多いといわれています。

タバコの誤飲は、急性ニコチン中毒を起こしてしまうことがあります。

また、タバコの吸い殻を入れた缶の飲み物を誤って飲んだ場合は、それ以上に、急性ニコチン中毒を発症する可能性が高くなりますので、注意して下さい。

 

上記のような悪影響を考えると、やはりタバコは控えた方がよさそうですね。

特に授乳中は、吸わないことが原則かなと思います。

 

育児ストレスからタバコを吸うなら母乳を止めた方がいい?

育児のストレスからイライラして、どうしてもタバコを吸いたくなってしまうママは、母乳への影響を考えてミルクに切り替えようかと、悩んでいるかもしれません。

禁煙することでイライラして、子どもにつらく当たってしまうという場合なんかは、母乳を止めてミルクに切り替えるという方法もありますよね。

しかし、喫煙しているママが母乳を与えてもよいかということについては賛否両論ありますが、現在では、母乳育児のメリットが大きいことから、禁煙できない場合でも、できるだけ授乳は続けた方がよいとされています。

母乳には、赤ちゃんを感染から守るための細胞や物質が含まれているため、母乳をストップしてしまうと、赤ちゃんはこれらの免疫をもらえなくなってしまいます。

「喫煙は、ママにも赤ちゃんにも悪影響をあたえるので禁煙が勧められる。」とはされつつも、ミルクより母乳の方が、免疫強化などの恩恵が大きいということから、「喫煙を理由に母乳を止めるべきではない。」としています。

どうしてもママが禁煙できない場合でも、母乳はできるだけ続けることが推奨されているんです。

 

とはいっても、母乳に含まれるニコチンや受動喫煙は、子どもにとっては悪影響ですよね。

ですので、どうしても禁煙が無理な場合は、小児科の先生に喫煙と母乳の両立を相談してみてはいかがでしょうか。

もちろん、相談はしにくいでしょうし、先生からは基本的に禁煙を勧められると思いますが、とりあえず相談して、授乳間隔の時間や喫煙本数などを細かく聞いてみて下さい。

 

そして、禁煙ができない場合は、母乳をあげながらも、子どもの受動喫煙を少なくするような努力は必要だと思います。

  • 室内では吸わない
  • 喫煙後は手洗い、うがいをする
  • 授乳直後に吸う、吸った直後に授乳をしない
  • できるだけ喫煙の間隔をあける
  • 本数を可能な限り減らす

 

喫煙後は、2~3時間後にニコチンの血中濃度が半減するとはいわれていますが、頻繁に授乳するのは避け、喫煙後からはできるだけ時間をあけて授乳するようにしましょう。

しかしながら、母乳をあげながら喫煙することは、リスクがあるということも、心に留めておいてほしいと思います。

 

もし、タバコと母乳で悩んだときは、母乳のメリットを考えてみて下さいね。

〈赤ちゃんにとってのメリット〉

  • 母乳に含まれる栄養や免疫で、病気になりにくい
  • 太りすぎ、飲み過ぎをコントロール
  • スキンシップがとれるため、精神を安定させる効果がある

〈ママにとってのメリット〉

  • ダイエット効果がある
  • 乳がんにかかりにくい
  • 経済的なこと
  • 母性を育むホルモンが分泌

 

タバコ以外で育児ストレスを解消し禁煙を目指しましょう

育児をしていると、ストレスを発散したくて、タバコを吸ってしまいたくなるお気持ちは理解できます。

しかし、子どもへの様々な悪影響を考えると、やはり、タバコ以外でのストレス解消法をおススメします。

例えば、タバコに費やする時間を、他の趣味などに気を向けたり、育児サークルなどに参加するなど、いろいろ工夫してみて下さい。

 

また、タバコは赤ちゃんだけでなく、喫煙しているママ本人の身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

肺がんや動脈硬化などの病気のリスクも高くなるといわれていますよね。

子どものためにも、ママが元気で過ごしていくことは、とても大切なことです。

できるだけ本数を減らしたり、できれば禁煙できるといいですね。

 

禁煙する時のポイント

  • 何がストレスか?話をする人はいるか?立ち止まって考えてみる
  • タバコを吸わないメリットを考る(子どもの健康、歯や息が綺麗になる、喫煙所を探す必要がないなど)
  • コスト意識を持つ(1日1箱で年間10万だと換算すると、家族旅行に行ける)
  • 「〇日」「〇週間」「〇か月」などと、禁煙目標を短く設定する
  • 気分転換は、運動以外の方法で行う
  • 他のことに興味を持ったり、趣味を持ったりする

 

そうは言っても、ニコチンの依存性は非常に強く、禁煙は自分の意思だけではどうにもならない難しい面もあります。

そんな場合は、思い切って「禁煙外来」に頼るのも一つの方法だと思います。

ちなみに、禁煙外来でかかる費用は、治療方法や処方薬によっても違いますが、保険適用ありで、だいだい2万円程度ではないかと思います。

 

家族の健康を守るためにも、妊娠や授乳の機会に、できれば、禁煙を目指してほしいと思います。

赤ちゃんが健やかに成長できるように、みんなで禁煙意識を高められるとよいですね。