赤ちゃんが我が家にやってきて、幸せいっぱいの毎日。

そんな中、これからの子育てで、どれくらいの費用が必要になってくるのか気になるところではありますよね。

そこで今回の記事では、子育てにかかる費用のおおよその目安についてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

子育て費用の目安とは

子どもが生まれて、子どもの笑顔や寝顔に癒されて、毎日が幸せに包まれていることでしょう。

しかし、子どもがいる生活って、お金の使い方が今までとはガラッと変わってしまいます。

おむつやミルク、哺乳瓶、衣類、食器、おもちゃ、医療費などといったものまで、子どもにかかるお金って、意外と多いんです。

大きくなってくると、食費、レジャー、お小遣い、お祝いや行事、高額な教育費もかかってきますし、今の時代でしたらスマホなどの通信費も含まれてくるでしょう。

子どものために貯金だってしたいですよね。

また、可愛い我が子には、何かと買ってあげたくなるが親心です。

 

子育て費用とは、妊娠・出産費も含めた、こういった子どもにかかるお金の事をいいます。

子育て費用は、学費や学校関係費、習い事など「教育費」と、子どもを育てるうえで必要な教育費以外の生活費など「養育費」の2つに大きく分けられます。

子育て費用ってトータルでどれくらいかかるものなのか、漠然としていてちょっと見当もつかないですよね。

そこで、ここでは出産から大学卒業までの子育て費用の目安について、「養育費」「教育費」それぞれどれくらいかかるのか?またトータルにしたらどれくらいになるのか?を調べてみました。

 

子育て費用のうち「養育費」にかかる目安について

まず、出産から社会人になるまでの22年間に必要な生活費である「養育費」についてみていきたいと思います。

養育費とは、食費や衣類、おもちゃ、医療費、散髪代、お小遣い、レジャー費などが該当します。

旧AIU保険(現AIG損保)「現代子育て経済考」2005年版によりますと、出産から社会人になるまでの22年間にかかる養育費は、1人につき約1640万円となっています。

だいぶ古いデータなので、今の時代ですと小学生からスマホを持ち始めるとしたら、プラスアルファで1700万円近く、ヘタすると1700万円超えるかもしれませんね。

 

1640万円の養育費の内訳は、下記のようになります。

 

年間に換算すると、1年間に約75万円、1か月では約6万2千円を子供の生活費として使っていることになります。

スマホなどの通信費を含めたら、約7万円近くになってしまうかもしれません。

 

ただし、この数字はあくまで平均値なので、地域によっても、各家庭のお金の使い方によっても、多少は違ってくるかもしれませんね。

我が家の場合を考えると、赤ちゃん用品や子供服はほとんどお下がりなどでいただいたものでしたし、母乳だったので、これほどはかからなかったのではと思います。

また、2人目以降にはかからないものもたくさんありますし、高校卒業後に働く子どもさんもいらっしゃるので、一概に1人1640万円かかるということでもなさそうです。

しかし、大きくなってくると食費やお小遣い、衣類関係も高額になってきますし、自治体の医療費の無料券が使えなくなってしまったり、レジャー等にかかるお金が意外と高かったり、また保険なども含めると、22年間の平均でいったら、このくらいの金額はかかってるのかなあと思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

子育て費用のうち「教育費」にかかる目安について

次に、「教育費」についてみていきますね。

教育費の項目としては、授業料や給食費、学校行事費、クラブ活動費、PTA会費、塾代、習い事などがあります。

教育費に関しては、選ぶ学校や進路によって、ずいぶんと違ってきます

たとえば、私立より公立の学校の方が断然安上がりです。

また、高校を卒業後、大学に進学するのか、就職するのかで、だいぶ教育費は変わってきますし、大学も短大か国公立か私立か、文系か理数か医歯系か、大学院まで行くのか、自宅通学か自宅外通学かによっても違ってきます。

 

文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」によると、幼稚園から高校までの教育費の平均は下記のようになります。

 

また、日本政策金融公庫「平成30年度教育費負担の実態調査結果」では、大学や専門性の学校に進学する場合は、平均で下記の教育費がかかるようです。

 

医師や歯医者を目指す国立大の医学部や私立の医科・歯科系大学ですと、普通の大学とは教育費が違ってきます。

ちなみに、授業料だけで、国立大の医学部は約350万、私立の医科・歯科系大学では約1850万円~4550万円と高額になっています。

授業料の他に係る費用も含めると、下記のようになるのではないかと思います。

国立大の医学部については、日本政策金融公庫「平成30年度教育費負担の実態調査結果」をもとに下記のように平均金額を算定してみました。

私立の医科・歯科系大学についてはAIU保険「現代子育て経済考」2005年版を参考にしています。

 

教育費には、先述しました通り、授業料の他に、学校教育費(施設設備費、学校行事費、クラブ活動費、教科書、教材費、通学費、学用品など)、家庭教育費(塾、参考書、おけいこ事など)、入学費用(受験料、入学金、寄付金、入学しなかった学校への納付金など)の教育に関してのものすべてが含まれます。

これらの他に、県外などに進学した場合の自宅外通学者の年間仕送りは、平均で90,8万円となっており、また自宅外通学を始めるための費用として、平均37,4万円かかっているようです。

 

しかしながらここでも、すべての数字があくまでも平均値ですので、お金のかけ方や生活の仕方などで、ずいぶんと変わってくるのではないかと思います。

 

子ども一人当たりの子育て費用の目安は?

では、子供一人当たりの子育て費用をトータルすると、いくらくらいになるのでしょうか。

上記の表をもとに、子育て費用がいくらかかるのかを見積もってみましょう。

たとえば、最もスタンダードな進路【私立幼稚園→公立小学校→公立中学校→公立高校→私立文系大学】の場合、教育費は約1348万円かかることになります。

それに22年間の養育費1640万円をプラスすると、約2988万円となり、スマホの通信費を含めたら、子供1人につき子育て費用の目安は3000万円を超えそうです。

 

もし、すべて公立に通った場合は約1081万円、すべて私立の場合(大学は理系)は約2599万円、養育費の1640万円をプラスすると、出産から大学卒業までの子育て費用は約2721万円~4239万円かかるということになります。

これに、4年間の自宅外通学の場合ですと、仕送りと準備金で約400万円がプラスされます。

 

また、私立の医科歯科系大学に進学した場合や、大学院に進んだ場合は、またさらに加算されます。

幼稚園から高校まで私立、その後私立の医科歯科系大学に進学したとすると、教育費は約4737万円、養育費をプラスした子育て費用は約6377万円にもなってしまいます。

 

子育て費用の貯金の目安はいくら?

上記のように換算すると、子育て費用って意外とかかるものだなあと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、人一人を育てるのですから、こんなものかなとも思いますが、私が思うに、日本の教育費は高いですね!

 

子育て費用がどのくらいかかるのかわかったところで、気になるのは貯金についてですよね。

子育て費用のうちの養育費に関しては、日々生活している中での出費に含まれていますので、ここでは、教育費のみについて考えていきたいと思います。

教育費を考える際に大切なことは、実際にかかるだろう金額の概算を把握しておくことです。

上記の表を参考に、たとえば「中学校から私立に行かせたいけど無理かな」「高校だったら私立でもOK」「大学まで公立で頑張ってほしい」などと、方針を決めることができるかと思います。

そうすると、だいたいの教育費を把握できて、貯蓄の額の目安も決めやすいかと思います。

 

ちなみに我が家の教育費の貯蓄事情ですが、お祝いとお年玉、児童手当はずっと貯金していて、他に月1万円~1万5千円の積み立てをしていたので、大学に入学した時点で、貯金は400万円以上になっていました。

今考えれば、学資保険もよかったかなあなんて思ったりもします。

 

私大の文系の場合ですと、教育費が約731万円となっていますが、そのうち授業料のみの金額は400万円~500万円になります。

授業料の他にかかる通学費や参考書、通信費などは毎月の家計の中から出ていますし、アルバイトもしているのでお小遣いは自分で賄ってもらっています。

産まれた時からずっとしていた貯金に少し足しただけで、授業料は賄えそうですよね。

また、この時期には、大学関係の他に、自動車学校の教習代成人式用の振袖代でも合わせて50万円くらいかかるので、やはり貯金は必要だと実感しました。

 

進路については、子どもがどういう方向に進みたいのか、家庭の方針はどうなのか、家族で十分話し合うことが大事です。

その上で、必要な教育費を算出してみて、それに見合った貯金ができるように心掛けておけば、安心ですね