子育て費用がかかる時期っていつ?金額はどれくらい?また、貯めドキっていつ?貯める方法は?

子どもが生まれると、嬉しい気持ちと同時に、子育てにかかるお金のことも気になり始めますよね。

今回は、子育て費用がかかる時期貯める時期、また貯める方法についてまとめました。

スポンサーリンク

子育て費用がかかる時期

子育て費用とは、妊娠・出産も含めた子どもにかかるすべてのお金のことで、学費や学校関係費、習い事などにかかる「教育費」と、子どもを育てるうえで必要な教育費以外の生活費である「養育費」の2つに分けられます。

気になる子育て費用について、ここでは、出産から大学卒業までにかかる費用を時期ごとに、養育費教育費に分けてお伝えしていきたいと思います。

養育費がかかる時期

養育費は、出産費用や食費、衣類、医療費、散髪代、お小遣い、おもちゃ、レジャー費などが該当します。

旧AIU保険(現AIG損保)「現代子育て経済考」2005年版によりますと、出産から大学卒業までの22年間にかかる養育費は、1人につき平均約1640万円となっていますが、だいぶ古いデータですので、スマホなどの通信費は含まれていません。

もし、小学生からスマホを持ち始めるとしたら、プラスアルファで1700万円を超えると考えてよいかもしれませんね。

22年間の養育費を1700万円とみた場合で換算すると、1年間に平均約77万円、また1か月では平均約6万4千円を子供の生活費として使っていることになります。

では、養育費がかかる時期ごとにみていきましょう。

 

内閣府の資料「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」の子育て費用から、教育費と保育費、貯蓄を引いたおおよその平均金額を算出してみました。

年齢が高くなるにつれて、養育費も高くなる傾向がみられます。

 

赤ちゃんの時は、オムツ代やミルク代の消耗品がかかりますし、ベビー用品やベビー服を揃えるのも結構お金がかかりますね。

小さいうちは、お祝い事などのイベント費、写真代などで、意外と出費になることがあるようです。

小学生になると、衣類の好みがだんだん出てきますし、食費も年齢と比例して大きくなってきます。

スマホお小遣いを検討するご家庭もあると思います。

また、小学生までは家族でお出掛けする機会も多いので、レジャー費がけっこうかかることも。

中学生になってくると、食費はますます多くなっていきますね。

お小遣いも増えてきますし、友達付き合いやファッションの好みが難しくなってくる年頃です。

高校生にかかる養育費としての具体的なデータは見つかりませんでしたが、中学生よりも若干高めなのかあと推測します。

お小遣いも多額になりますが、交際範囲も行動範囲も広くなってきますので仕方がないかなとも思います。

給食がなくなり、お弁当の材料費などで、食費がかさむ傾向に。

大学生にかかる養育費のデータも見当たらなかったのですが、アルバイトもするでしょうし、養育費としては、もしかしたら食費、消耗品費、医療費などがかかるくらいでそれほどでもないかもしれません。

ただし、アルバイトをしていないのであれば、お小遣い、衣料品、通信費が高額になる場合も。

それから意外と忘れがちになってしまいますが、20歳になったら国民年金の支払いが出てきます。

教育費がかかる時期

教育費には、授業料や給食費、学校行事費、クラブ活動費、PTA会費、教科書代、通学費、塾代、習い事、参考書など、また受験料や入学金、納付金などの教育に関するすべてのものも含まれています。

教育費に関しては、選ぶ学校や進路によっても違ってきますよね。

また、高校卒業後、大学進学か就職かで違ってきますし、大学も国公立か私立、文系か理系か医歯系、大学院まで進むか、自宅通学か自宅外通学かによっても。

 

文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」によると、幼稚園から高校までの教育費のおおよその平均は下記のようになります。

 

公立より私立の教育費の方が、断然高額になっていますよね。

公立に関しては、小学校、中学校と年齢が上がるごとに1か月にかかる教育費が高くなっています。

 

幼稚園はほとんどが私立なので、毎月出ていく保育費が高めですし、親の年齢もまだ若くお給料も高いわけではないため、毎月の負担額は大きいかもしれません。

小学生の教育費って、公立ですと学費も教科書代も無料でかからないのですが、複数の習い事をしている子どもさんが多いように感じます。

中学生になると、制服代もかかりますし、部活動で出ていくお金もあるでしょう、そして何と言っても塾代が大きな出費となります。

高校生では、公立なら授業料はほとんどかからないか、かかったとしても少しですが、私立ですと結構な額の授業料などを支払うことになりますし、また、通学費がかかる子もいると思います。

 

公立では高校になると、私立では中学校・高校と教育費がだんだん低くなっていきますね。

その要因として考えられるのは、公立の高校や私立の中学校・高校は、主に給食費と塾代がかからなくなるでからではないかと思われます。

 

大学専門性の学校に進学する場合は、日本政策金融公庫「平成30年度教育費負担の実態調査結果」の資料によると、平均で下記の教育費がかかるようです。

下記の表では、わかりやすいように教育費の下の欄に内訳を設けました。

何と言っても、大学にかかる金額はビックリするくらいの額ですね。

教育費のうち、入学費用は、受験料、入学金、寄付金、入学しなかった学校への納付金など。

学校教育費は、授業料、施設設備費、学校行事費、クラブ活動費、教科書、教材費、通学費などが含まれています。

家庭教育費は、塾、参考書、おけいこ事などです。

 

国立大の医学部については、日本政策金融公庫「平成30年度教育費負担の実態調査結果」をもとに下記のように平均金額を算定してみました。

私立の医科・歯科系大学についてはAIU保険「現代子育て経済考」2005年版を参考にしています。

ちなみに、授業料だけで、国立大の医学部は約350万、私立の医科・歯科系大学では約1850万円~4550万円と高額になっているんです。

 

これらの他に、県外などに進学した場合の自宅外通学者の年間仕送りは、平均で90万8千円となっており、また自宅外通学を始めるための費用として、平均37万4千円かかっているようです。

自宅外通学の場合、大学4年間で約400万円6年間で約580万円がかかることになります。

 

子育て費用を貯められる時期にキチっと貯める

子育て費用のかかる時期をみてきましたが、では、貯めドキっていつなんでしょう?

よく言われているのは、子どもが生まれる前、幼稚園に入る前、小学生の時には比較的貯金をしやすいということ。

 

前章でもお伝えしたとおり、養育費大きくなればなるほどかかる金額も大きくなっていく傾向にありますし、教育費も公立ですと小学生に比べて中学・高校は高くなっていますね。

上記の養育費と教育費の表を見ていただいてもわかる通り、養育費・教育費が一番かからない時期は未就園児小学生ですので、貯めドキはまさしくその時期かと思います。

 

養育費は子ども1人にあたり約1700万円かかるとなっていますが、あくまでも平均値なので、そのご家庭のお金のかけ方により多少違ってくるとは思います。

また、2人目以降の子どもにはかからないものも多いですし、高校卒業後に就職する子どももいますので、一概に1700万円かかるわけではなさそうです。

なるべく、養育費をかけないようにしたいものですね。

例えば、ベビー用品や子供服は、なるべくお下がりをいただいたり、リサイクルショップで安く手に入れたり。

おもちゃもすぐ飽きますし、2~3歳くらいになるとキャラクターものを欲しがりますので、厳選して買い与えるようにしたいものです。

また、小学生までは、ついついレジャー費をかけてしまうのでお金がかからないように工夫を。

 

教育費も、削れるところは、なるべく削るようにしましょう。

未就学児の通信教育の教材なんかは、後から考えればいらなかったというようなことも。

小学生では、どうしても習い事にお金をかけてしまう傾向がありますが、習い事は1つか2つに絞っておくことをおススメします。

中学生になると、高校受験のために通いを始める子が多くなります。

塾は高額になりがちで、その時に貯金ができなくなる可能性も考えられますので、貯められる時に少しでも多くコツコツと貯めておくのが賢明だと思いますね。

 

可愛い子供服やおもちゃ、習い事、レジャー費にお金をかけたいと思う親心は十分に理解できますが、ここは子どもの将来のためになるべくお金を残しましょう。

こうやって記事を書いていると、私自身、無駄だった分いくらでも多く貯金しておけばよかったなあとちょっと後悔しています。

お金のかけ方や生活の仕方でだいぶ変わってくると思いますので、工夫をして貯められる時にしっかりと貯金しましょう。

 

子育て費用を貯める時期と方法

では、いつまでに、どのくらい、どのようにして、子どものために貯金しておけばよいのでしょうか。

高校生までの子育て費用を、なるべく家計から出すようにして、貯金は大学にかかる分を心掛けていければよいと思います。

例えば、私大の文系の場合ですと、学校教育費が約599万円となっていますが、授業料のみの金額は約400万円くらいです。

ですので、高校卒業するまでに、せめて、大学の授業料分の400万~500万円くらいは、貯めておきたいものです。

自宅外通学や、医学部・私立の医科系大・大学院への進路の予定がある子どもさんでしたら、もう少し頑張りましょう。

 

貯金の仕方としては、例えば、上記の表にある1か月にかかる養育費の平均より、子ども1人につきマイナス1万円を目指す生活を心掛けます。

その1万円を高校卒業まで児童手当を中学校卒業まで貯金していくと、約400万円近くになります。

他に、いただいたお祝いお年玉を貯めておいたり、ボーナスに1万円ずつ貯めていったりすると、400万円以上にはなると思いますし、もっと貯金できるのであればさらに安心です。

学資保険と並行して貯めておくのもよいと思いますね。

 

大学の授業料の他にかかる通学費や通信費、食費などは、今まで通り毎月の家計の中から、お小遣いはアルバイトで自分で賄ってもらうようにすれば、生後すぐからコツコツと貯めてきたお金にちょっと足しただけで、大学の授業料や教科書代は賄えると思います。

また、この時期ですと、大学関係にかかるお金の他に、自動車学校の教習代や成人式用の振袖代・スーツ代、通学用の服も揃えなければならないので、やはり貯金は必要だと実感しましたね。

 

兄弟がたくさんいて、「子ども1人当たり月1万の貯金は無理!」という方は、せめて、お祝いやお年玉、児童手当だけでも貯金しておけば1人約200万くらいにはなると思います。

そのくらい貯まっていれば、もし大学への進学を希望する場合でも、奨学金やアルバイトで何とか進学をあきらめないで済むかもしれません。

 

 

どういう進路にするかは、もちろん子どもさんと十分に話し合うことが大切ですが、子どもさんに家庭の方針を伝えるためにも、子育て費用がどの時期にどれくらいかかるのかを把握しておく必要があるのではないかと思います。

ご家庭の事情もあるとは思いますが、それらを踏まえた上で子どもさんのためにも、希望の進路に応じて貯められる時期にコツコツと貯金していければよいですね。