子育てをしていて、頭を悩ませられるうちの一つが「お金」のこと。

我が家の年収で子育て費用は大丈夫なのか…ほとんどの親御さんがこのような心配を抱いているのではないでしょうか。

今回は、子育て費用がかかる世代の年収についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

子育て費用を捻出するために必要な年収額は?

子どもが生まれて、幸せな日々を送っていると裏腹に、心配になってしまうのが子育て費用のこと

我が家の年収で、子どもはいったい何人養っていけるのか???

はたして、何人子供が作れるのか???

どこのご家庭でも、家族設計に悩まされてしまうのではないでしょうか。

 

では、今の時代、子どもを育てるには、いくらくらいかかるのでしょうか。

子育て費用は、学費や学校関係費、習い事など「教育費」と、子どもを育てるうえで必要な教育費以外の生活費など「養育費」の2つに大きく分けられます。

それぞれの在学数が最も多い進路【私立幼稚園→公立小学校→公立中学校→公立高校→私立文系大学】の場合で考えてみると…

出産から大学卒業までの22年間の養育費は約1700万円教育費は約1348万円かかるとのデータから、子供1人につき子育て費用の目安は3000万円を超えそうです。

ビックリしてしまうくらいの金額ですよね!!

ただし、この3000万円というのは、この進路を選択した場合の平均値です。

住んでいる地域や選ぶ進路、生活の仕方、お金の使い方によっても違ってきますし、また2人目以降にはかからないものもあり、一概に子育て費用が1人につき3000万円かかるということでもなさそうです。

また、それ以上にかかる場合もあります。

 

子育て費用の目安に関しての詳しい記事はこちら

⇒ 子育て費用の目安ってどれくらい?養育費と教育費の見積りと貯金について

 

この子育て費用3000万円をもとに、子どもを育てるにはどれくらいの年収が必要か計算してみました。

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によりますと、新婚夫婦2人の1か月の生活費は、平均約22万円となっています。

22年間の子育て費用3000万円を月に換算すると約113,600円となり、それに夫婦2人の生活費22万円を加算してみました。

その結果、夫婦と子ども1人の3人家族では、子育て費用を含む生活費の平均が約333,600円となりました。

 

年収とは、一般的に1年間の総収入額のことをいい、税金や社会保険料、雇用保険料などが引かれる前の収入を表します。

約333,600円の生活費は手取り金額で、税金・社会保険料など差し引かれる分が総支給の約20%と仮定して年収を計算してみます。

【1か月の総支給が約417,000(333,600円÷0.8)×12か月+ボーナスが約1,000,000円とした場合⇒年収は約6,004,000円

 

一人っ子の場合、出産から22歳の大学卒業までに必要な年収額は、平均約600万円ということになります。

あくまで平均値なので、親が若くて子どもが小さいうちは年収がそんなに高くないでしょうし、生活費もあまりかからないでしょう。

子どもが大きくなっていくにつれて年収もそれなりになり、比例して支出も増えていくと思います。

もちろん、お金のかけ方でもずいぶんと違ってきますね。

 

子育て費用がかかる世代の年収の平均額は?

子ども1人を含む3人家族の場合で、出産から大学卒業までに必要な1か月の生活費年収を算出してみましたが、皆さんはこの数字どう思いますか?

「大学まで出したら、このくらいはかかるかも!」「子育てするのにこんなにかかるの!」「我が家の年収では大学は無理!」など、様々なご意見があると思います。

 

そこで、ここでは児童のいる世帯の年収額の分布と平均額を見ていきたいと思います。

厚生労働省の平成29年度国民生活基礎調査によりますと、児童のいる1世帯当たりの平均年収額は7,398,000円(手取り金額が5,700,000円)となっています。

ちなみに、平均年収額の7,398,000円の中には、年金や公的給付金、児童手当、仕送り、その他の所得が、含まれています。

参考までに、それらを除いた働いて得た金額(稼働収入)の平均は6,870,000円になります。

 

(厚生労働省では、所得は年収を意味しているそうです。)

 

しかし、一部の高額所得者が平均値を押し上げている可能性があるので、全体の真ん中の中央値(下記の表)の方が実際の平均に近い数値ともいえます。

中央値を見てみると、約648万円になっており、そのうちの稼働収入は600万円くらいなのかなと思います。

また、厚生労働省が2018年に発表した「1人の女性が生涯に産む子供の数に当たる出生率」は1.43となっています。

あくまでも単純に平均からみた数値ではありますが、今の子育て世代では、子ども1.43人育てるのに600万円~700万円くらいの平均年収が必要なのかもしれませんね。

 

ただし、実際の稼働収入以外の収入が約50万円あること、1000万円以上の世帯が18.6%もあることから、夫婦とも正社員での共働き、または親と同居などで、平均値を押し上げているのかなあとも思うんです。

ですので、中央値の年収額648万円よりも低い世帯が思った以上に多いのではないかと思います。

 

今の年収で子育て費用は賄える?

これまで、平均値からみた子育て費用に必要な年収額を見てきましたが、実際の今の年収で子育て費用が賄えるかどうか気になるところですよね。

 

我が家の場合を考えると、現在子どもは大学生ですが、あながち平均年収600万円って当たってるかも…と思ってしまいます。

でも、子どもの大学卒業までの22年間の平均年収額、我が家は600万円には届かないかな!

それでも奨学金を借りずに済みそうです。

ただし、ゆとりがあるとは全くもって言えませんし、節約も貯金も心掛けてはいますが、老後資金3000万円なんて貯められそうにありません

 

厚生労働省の平成29年度国民生活基礎調査では、18歳未満の児童がいる世帯の58.7%が「苦しい」と回答しています。

半数以上の世帯がそう感じているということは、もらっている年収が平均値であっても苦しいということなのではないでしょうか。

ましてや、子どもが2人以上いる世帯だったらなおのこと。

年収額の平均的な家庭では、ギリギリで生活しているところが多いかもしれませんね。

 

 

私達の親の世代は、結婚し、家を建て、子どもを何人か育てて大学まで行かせ、定年後は悠々自適に過ごすのが当たり前になっています。

今の子育て世代では、そんな当たり前だった生活を送れる人はどれくらいいるのだろうかと思います。

昔と比べ確かに暮らしのレベルは上がりましたが、生活費がかかり過ぎる上に、お給料のベースアップは雀の涙ほど、そして高すぎる学費。

 

子どもを育てるのは手間もお金もかかることですが、今はなおさら子どもを育てるのに大変な時代となっています。

しかし、子どもを育てること、子どもと一緒に過ごせることは、それ以上にかけがえのない体験をもたらしてくれることでしょう

できれば、子どもは2人、3人……と欲しいものですよね。

また、周りの子が持っている物は買ってあげたい、やりたい習い事はさせてあげたい、無理してでも希望の進路に進ませてあげたいなど、親としては精一杯のことをやってあげたいと思います。

 

しかし、ない袖は振れません、やはり「身の丈に合った生活をする」これって基本ではないでしょうか。

我が家も、さほど贅沢をしてきたわけではないとは思いますが、おもちゃや衣類、習い事なども、もうちょっと吟味して選べばよかったかなあとか、もっと安く済ませられなかったのかなあとか、これ買わなくてもよかったんじゃないってものもたくさんあるような気がします。

 

そして、お金のかからない未就園児の頃小学生の頃は、余裕があると高をくくらないで、貯められる時にコツコツと貯金をしましょう。

塾に通うようになると、万単位、下手をすると何十万単位でボンボンお金が出ていきます。

また、どうしても貯金をする余裕がない場合は、収入をアップする手段を考えることも大切ですね。

 

また、家庭で話し合うことによって、どのくらいのお金が必要か、だいたいの目安をつけやすくなるのではないでしょうか。

子どもの進路によってかかるお金が全然違ってきます。

子どもの進路をどうしたいのか、どう育てていきたいのかを夫婦で話し合うことや、親の教育方針や子供が希望する将来のことについて、子ども本人と話し合いをすることも大切ですね。

子どもは、将来のビジョンが、その時その時で変わってくることがあります。

それは仕方のないこと…小さい頃からの夢を叶える子もいますが、たいていの子は、はじめは夢を描いて、でもだんだんと自分の学力や現実が見えてくることで、自分の進むべき道を模索するようになります。

でも、その年齢に合った言葉で伝えることによって、子どもは将来に向けてどうしたらよいのかをしっかり考えるようになると思います。

 

子育て費用に必要な年収額に関しての情報がたくさん出ていますし、ここでも紹介はしましたが、要は、その家庭での資金のやり繰りしだいですし、工夫すれば何とかやっていけるものです。

世の中の情報に振り回されずに、財布の紐をしっかりと締めて子育てをエンジョイしてほしいと思います。

 

所得格差や少子高齢化に伴い、この日本で子どもを育てていく環境が、今後ますます過酷なものになっていくことは否めないのでは…と思ってしまうのは私だけでしょうか。

子どもたちの未来が、日本の未来が輝いていますようにと願うばかりです。