子育てをしていて、困った時や、心が落ちている時には、誰かに話をしただけで心が軽くなることがあります。

しかし、誰にでも相談できるわけではありませんよね。なかには、相談する人がいなくて悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな複雑な人間関係について一緒に考えてみませんか。

スポンサーリンク

相談する人がいなくて孤独を感じ悩む時もあるが、自分の方針で子育てしたい

子育てをしている最中って、なかなか自分のペースで過ごせないものです。

子供という一人の人間と、ずっと一緒なので仕方がないのですが、子供を取り巻くいろいろなことにちょっと疎ましく思うことってありますよね。

特に子育ての考え方や、それにまつわる人間関係

「もう!私の好きなようにさせて!」「私の大切な時間を取らないで!」と叫びたくなります。

 

しかし、誰とも関わらないでいると、寂しさ孤独感を感じてしまって、気持ちが萎えてしまいます。

「いったいどっちなの!」ってツッコミを入れられそうですが、人間の心というのはすごく複雑で難しいです

 

自分の方針で何かを押し通すということは、周りに振り回されずにぶれないということなので素晴らしいことですし、強い心を持っていないとなかなかできないことでもあると思います。

ただ子育てにおいては、自分の方針を子供に押し付けるということになりかねません。

子供がまだ小さいうちはそれでもいいと思いますが、成長していくと親の方針も大事ですが、子供自身の気持ちや考え方がとても重要になってきます。

子供にとって、いろいろな経験いろいろな人との関わりが豊かな人生を歩むための糧となります。

 

もしママが、人と関わっていくのが苦手だとしたら、子供と一緒に人と交わっていく勉強をしていくというのはどうでしょうか。

誰かと交わることで、もしかしたら傷つくこともあるかもしれませんが、怖がらずに、子供が成長していくと共にママも一緒に成長していってほしいと思います。

ぼやぼやしているうちに子供はあっという間に大きくなってしまいますよ。

双方の実家と疎遠の為、子育ての悩みを相談する人がいない

何か事情があって、ご実家と疎遠になっているのでしょうか。

親や兄弟というものは厄介なもので、こじれたり傷ついたりすると、なかなか修復が難しくなってしまします。

嫌な思いをしたり、ストレスを感じながら過ごしたりするよりは、肉親と距離を置いた方がいい場合もあると思います。

 

子育てで悩んだ時は、市区町村の子育て支援センターや地域の保健センターなどがあるので、勇気を出して相談してみるといいと思います。

保育所、幼稚園、学校でも相談に乗ってくれますし、昔からの友人やママ友に話を聞いてもらうだけで気持ちが晴れます

また、育児セミナーや書籍からヒントを得られることもあります。

それでもまだ納得できる答えが見つからない場合は、必死になって知恵を絞って考えてみましょう。必ず答えが見えてきます。

 

『実家と疎遠の為』と書かれたということは、もしかしてご実家のことを気に掛けていられるのかなあと感じました。

ちょっとでも気になるようであれば、「子供に会わせたい」という口実でご両親にお会いしてみてはどうでしょうか。

また傷つけられるかもしれないという覚悟で。

子供は、親のことをよく見ています。自分の子供との関係が、自分の親との関係と同じにならないためにも、意地を張るのは止めにしませんか。

 

子供の成長もあっという間ですが、親が年を取るのもあっという間です。

後悔しないためにも…

お子さんがあなたとご実家との懸け橋になることを願っています。

相談する人がいないと悩んでいた子育て中の妻が、怪しい勉強会に参加していて不安

ご主人が奥様の行動を見ていて、「怪しい」と感じられるということは、そうなのだと思いますが、まずはどういった団体であるか確認することからだと思います。

本当にただの「勉強会」で、奥様がご主人に干渉されたくなかったからなのかもしれませんし、ご主人の心配されていた通りの怪しい宗教まがいのものかもしれません。

もし危ない団体だったとしたら、知識が必要になってきますので、下準備されたり、然るべき所に相談されたりした方がいいかもしれません。

怪しい宗教かどうか?を確認するのに最適なHPを見つけましたので、参考になさって下さい。

【他サイト】→http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/03mamoru.html

 

奥様だけでなく、どこのママも、子育てをしていると何かにすがりたくなる状況で生活しています。

パパもストレスにさらされながら、家族のために働くのは、とても大変なことだと思いますが、子育てのストレスは質が違います。

24時間毎日子供のことと家事に追われ、自分本位に動くことが出来ません。また、いい子に育てなくてはというプレッシャーもあります。

働きながら子育てをしているママについては、とにかく朝も昼も夜も忙しくて、これもまた大変です。

 

実家だ、ママ友だとは言っても、パパが一番の相談相手であり、頼りにしているのだと思います。

上の空や、否定するといったことはしないで、よく話を聞いてあげて下さい。

そして、家事もできることは分担して、たまには1時間でも2時間でもいいので、息抜をさせてあげてほしいと思います。

ママの心がどこかに行ってしまわないように、しっかりとキャッチしていてあげて下さいね。