育児をしていると、それ以外の新たなストレスが浮上してきます。

その中には、意外にも『実家』に関わる悩みが多くあります。

原因としては、実家との距離感が考えられます。

しかし、実家が冷静に距離感を判断するのは、なかなか難しいと思うので、こちらから距離のとり方を考え、付き合い方を見直してみませんか。

スポンサーリンク

子育てのストレス解消で、実家に通うことは、いけないことですか?

毎日、小さいお子さんと向き合っていると、ストレスが溜まりますよね。

実家に帰って、ストレスを解消したいという気持ちは、とてもよくわかります。

 

子育てのストレス解消のために、実家に行くのは、悪いことではないと思いますが、夫や夫の両親が、嫌がる場合が多くあるのも確かです。

それは、人間の心理として、「そちらにばかり行ってほしくない」「相手だけが楽をしているように感じる」などという思いがあります。

気を揉む、やきもちなど、人の行動に対して、マイナスの感情になってしまうということは、誰にでもよくあることです。

逆の立場を考えてみると、納得していただけると思います。

 

この問題は、夫婦によってもさまざまです。

しょっちゅう実家に帰られても気にならない夫、ならば実家に帰らないでほしい夫、いつも家族一緒でいたい夫。

よく、「夫婦で話し合いをする」ことが、円満の秘訣といわれますが、それで、お互いが納得しあえれば、それに越したことはありません。

しかし、話し合いをして、お互いがしっくりいくということは、案外少ないのではないでしょうか。

 

妻の立場からすると、ちょっと面倒と感じるかもしれもせんが、やはり、ご主人の顔色を窺って、実家に行く回数を決めるのが、ベストではないでしょうか。

週に2~3日、実家に帰って、ご主人が、あまりいい顔をしないようであれば、行き過ぎなのだと思います。

あくまでも個人的な感想ですが、妻が実家ベッタリという夫婦は、うまくいっていないことが多いように感じます。

それは、妻が実家の常識、固定観念から抜けきれず、家族のそれよりも優先にしてしまうから、また、頼るのが、夫ではなく実家だからではないかと、私は思います。(夫がそういう場合もありますけど)

ただし、あまりに酷いストレスうつ育児ノイローゼの場合は、実家に帰ることを、夫に理解してもらう必要があります。

 

基本的に、夫婦がお互い、気持ちよく過ごせるように配慮して、実家に帰ることが望ましいと思います。

そして、実家に帰った時は、夫の愚痴や悪口を言わない、親に頼りきってしまって、なあなあにならないことが、夫婦関係、親子関係を良好に保てるコツなのではないでしょうか。

 

実家に帰ると、子育てのことで嫌な思いをして、かえってストレスに

前述のケースとは逆に、子育てのことで、実家がストレスになっている場合も多くあります。

実家に帰ると、子育ての仕方のことで、いちいち注意されたり、批判されたり、いわゆる過干渉というやつです。

親御さんも、新米ママを見ていられなくて、ついつい口を出してしまうのでしょうね。

しかし、子育て初心者で、これからいろいろ勉強してわかっていくことなのに、あたかも「だめママ」みたいに言われると、悲しくなってきますよね。

そして、一番マイナスなのは、自信をなくしてしまうことです。

 

本来ならば、こうして嫌な思いをしているということを、お母さんにわかってもらうことが一番なのですが、そのお母さんにもよりますが、娘の言うことに、耳を貸さないプライドの高いお母さんって、意外と多いと思うんです。

正直に自分の気持ちを言ったおかげで、関係性が悪くなったり、余計にストレスが溜まったりする可能性もあります。

 

このような実家の場合は、とにかく距離を置くことです。

たまに、子供の顔を見せたいなと思うときは、「また嫌な思いをするかもしれない」という前提で行けば、けっこうストレスは緩和されると思います。

 

子育てで精一杯なのに、お金を無心する実家に、ストレスMAX!

夫、妻、どちらの実家からでも、お金を無心されることくらい、ストレスになることはありません。

しかも、子育てをしている間は特に、お金が結構必要になってきますし、進学やマイホームのための貯蓄もしなければなりません。

 

お金の事って、永遠のテーマですよね。

「お金がない」とか「貸して」とかと言われると、「いや」とも言えない。

ましてや、それが親ともなれば、可哀想、心配、または恩があるからという思いがあり、ついついお金を渡してしまうのではないでしょうか。

そして、甘えというのは、だんだんエスカレートしていき、きりがなくなっていきます。

 

収入がとても高く、余裕のある人なら、それでもいいでしょう。

しかし、ごく普通の収入で、そんなとをしていたら、実家も家族も共倒れです。

 

相手にとって必要なお金で、自分もそれでいいと判断するならば、お金を渡してもいいと思います。

しかし、「嫌と言えないから」「いい人と思われたいから」などといった理由で渡すことは相手の為になりません

本来なら、親御さんも働くなり、何らかの保護をいただくなどして、努力をして生活すべきです。

甘えがあると、いつまでも自立できません。

実家の為を思うなら、断腸の思いで、突き放さなければいけない時もあります。

 

どちらにしろ、大変なご苦労をなさるとは思いますが、ご実家の状況をよく見極めて、何がご家族の為ご実家の為になるのかをじっくりと考え、判断してみて下さい。