離乳食の時期になると、赤ちゃんにどんな椅子を購入しようか迷っているパパやママもいらっしゃるのではないでしょうか。

今、特に人気があるのは、リーズナブルで使い勝手がよいといわれるリッチェルのベビーチェア。

今回は、おススメのリッチェルの離乳食の椅子についてお伝えします。

スポンサーリンク

人気の離乳食の椅子!リッチェルとは

リッチェルは、日本のプラスチック製品の製造・販売メーカーです。

その中でも、ベビー用品は子育ての世代には大人気ですね。

人気の秘密は、なんといってもリーズナブルな価格

そして、赤ちゃんのために安心・安全にこだわっていますし、使う側のニーズに合わせての商品開発やサービスなどの工夫もいっぱいです。

 

リッチェルでは、離乳食の椅子についても、安全性、耐久性、衛生面の追及はもちろん、その他にも使いやすさなど様々な工夫を凝らしているんです。

そんなリッチェルのベビーチェアの中でも、人気の商品2点をご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんとのお食事タイムが、楽しくなりますように♬♬

 

おススメのリッチェルの離乳食の椅子「2wayごきげんチェアK」

リッチェルのベビーチェアの中で、まず、はじめにおススメしたいのが「2wayごきげんチェアK」

リッチェルの中でも、人気の高いベビーチェアです。

最大の魅力は、リビングや茶の間ではローチェアとして、ダイニングでは大人の椅子に取り付けてハイチェアとして使うことができるという点です。

また、重さが1.3㎏と軽いので、リビングやダイニング、それ以外のところにも、必要に応じて持ち運びが楽なんです。

実家に帰省する際も、車に積んでいけちゃうので、めっちゃ便利ですよ。

 

さらに、台座の部分が取り外し可能なので、成長に合わせて台座の高さを2通りに変えることができるのも、おススメしたいポイントです。

高さが13.5㎝と8.5㎝の2パターンで、7か月から5歳くらいまで長く使用できる設定となっています。

 

毎日使うものですから、使いやすさ、お手入れのしやすさ、安全面も気になりますね。

まず、使いやすさですが、テーブルを外すと赤ちゃんを座らせやすく、ベルトも軽くてつけやすいです。

お手入れも、汚れたらふき取ることができますし、テーブルは丸洗いできるので楽なんです。

安全面では、抜け出し防止用のベルトがついてますし、がたつきもなく、滑り止めもついているので、安心して使用することができます。

 

ただし、デメリットもあるようです。

座面が固いので、おしりが滑ったり痛くなったりしそう、また、ベルトの取り外しができず洗えない点が、気になるようです。

座面には、タオルや滑り止めシートを敷いてあげるとよいかもしれませんね。

 

カラーバリエーションは、ホワイトの他に、アイボリー、ブルー、ライトイエロー、ピンク、ライトピンクの6色となっています。

 

⇒ リッチェル2WAYごきげんチェアK ホワイト

 

離乳食用の椅子にも使えるリッチェルの「ふかふかベビーチェアR」

次におススメのベビーチェアが「ふかふかベビーチェアR」です。

このベビーチェア、バンボなどの人気のチェアではありませんが、使い勝手が良いと評判で、密かに人気のあるベビーチェアなんです。

 

この「ふかふかベビーチェアR」は、離乳食用の椅子としてももちろん大活躍ですが、それだけでなく、お風呂やお部屋などでも使用することができる優れものです。

柔らかい素材と空気層により、いい感じにフィットして、赤ちゃんが快適に座れるようになっています。

また、低座面低重心で、赤ちゃんが前倒れしにくい構造なので、ビニールなのに安定感があるんです。

さらに、赤ちゃんを抱きあげる時に、椅子が一緒に付いていかないよう足踏みストッパーで押さえられるよう工夫されています。

 

構造は浮き輪のようなイメージで、軽くて持ち運びや収納が楽ですし、汚れてもすぐに洗えて便利です。

空気を入れるのも、エアーポンプが内蔵されているので簡単。

手で軽く押すだけで、5分もあれば空気を入れることができます。

空気を入れたままでも、軽いので持ち運びが便利なのも嬉しいですね。

さらに、空気を入れる前の状態だとA4サイズくらいの大きさなので、旅行や帰省の際にも便利に持ち歩けますし、収納にも場所をとりません。

洗って乾かすことができるように、引っ掛けようのフックがついています。

 

そして、何といってもコスパの良い点が、最大の魅力なのではないでしょうか。

ベビーチェアって、良いと思って購入しても、赤ちゃんが座るのを嫌がったりと、選ぶのが難しいですよね。

その点、この「ふかふかベビーチェアR」は安価ですので、たとえ失敗だったとしても無駄な出費も小さく済み、とりあえずのお試しにはよいかもしれません。

 

デメリットは、穴がちょっとでも開くと、当然ですがしぼんでしまいます。

また、重量感に欠け、どっしりとした安定感はないので、赤ちゃんが暴れたりのけぞったりした時は倒れる危険性があります。

ふかふかベビーチェアに赤ちゃんを座らせる場合は、目を離すのは危険ですね。

それから、使用期間が短いことも、デメリットの1つだと思います。

お座りが上手になったら、別の椅子を購入するようになるでしょう。

 

色は、パープルとグリーンの2色です。

 

⇒ リッチェル ふかふかベビーチェアR パープル

 

 

リッチェルの離乳食用の椅子を2点ほどご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

離乳食用の椅子は、どうしても赤ちゃんとの相性があって、選ぶのが難しいですよね。

リッチェルは、他のメーカーさんに比べると、コスパは抜群です。

どの椅子にしようか迷った時、リッチェルのこんな椅子の記事もあったなあと、思い出していただければと思います。

長いようで短い離乳食の時期が、どうぞ楽しいものでありますように。