赤ちゃんが生まれて、実家では可愛いお孫ちゃんが来るのを、首を長くして待っているのではないでしょうか。

でもママは、帰省するのにも荷物がいっぱいで大変!!

その中でも、悩んでしまうのが離乳食の椅子のこと。

そこで今回の記事では、実家に帰省する際の離乳食の椅子についてお伝えします。

スポンサーリンク

実家に帰省の際の離乳食の椅子はどうする?

赤ちゃんが生まれると、実家に帰る機会も増えてくることでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんも、お孫さんに会えるのが、きっと待ち遠しいでしょうね。

でも、ママは赤ちゃんがいると、ただでさえ荷物が多いのに、離乳食が始まるとさらに持参するものが増えちゃいます

 

そして、気になるのが、離乳食の椅子をどうするかですよね。

ママの抱っこや、他の大人たちに抱っこしてもらう、また、床に座らせて食べさせてもよいと思います。

 

しかし、お座りが上手になって手づかみ食べが始まると、抱っこや床では食べさせるのも一苦労

また、赤ちゃんは、おじいちゃん、おばあちゃんたちと一緒に食卓を囲んで、みんなで楽しく食事をするのが嬉しいかもしれないですね。

遅かれ早かれ、離乳食の椅子は必要になるのかなあと思います。

 

方法としては二通りあります。

  • 帰省する度にベビーチェアを持参する。
  • 実家にベビーチェアを置かせてもらう。

どちらの方法をとるかは、帰省の頻度にもよるだろうし、実家との関係性にもよると思います。

 

実家へ帰省する際に離乳食の椅子を持参する

実家で食事をする機会が少ない場合は、離乳食の椅子を持参してもよいかもしれませんね。

移動手段が車だと、普段使っているベビーチェアを持参してもよいと思いますが、公共交通機関で帰省するとなると、持ち運びが容易にできるものがよいですね。

持ち運びが楽にできるベビーチェアでしたら、帰省の他にも、お出かけする時に重宝するでしょう。

 

持ち運びに便利なおススメのベビーチェアをご紹介しますね。

イングリッシーナ ファースト テーブルチェア

テーブルチェアは、テーブルに設置するタイプのベビーチェアで、もちろん自宅でも使えますし、実家にも外食の時にも持ち込めちゃう優れものです。

ダイニングテーブルにも、ローテーブルにも取り付けることができるので、実家の食卓事情に応じてどちらにでも対応できますね。

また、折りたたむことができるので、持ち運びが楽にできます。

ただし、テーブルの天板の厚さによっては、ベビーチェアがはまらない場合がありますので、確認してみてくださいね。

⇒ イングリッシーナ ファスト テーブルチェア

キャリフリー チェアベルト

ハイチェアや大人の椅子などの背もたれがある椅子に固定することができるチェアベルト。

椅子だけでなくママの腰にも装着することができるので、両手が使えて、赤ちゃんを膝の上に抱っこして食べさせるのも楽チンです。

取り付けも簡単で、軽くてコンパクトなので、常に携帯しておけば、いざという時にも安心ですね。

⇒ キャリフリー チェアベルト

 

実家に離乳食の椅子を置かせてもらう

実家への帰省が多かったり、実家で食事をする機会が多い場合は、ベビーチェアを実家用に準備して置かせてもらうと助かりますね。

実家への移動時に荷物が減ることはありがたいことです。

また、いろいろな椅子を体験できるという点でも、赤ちゃんにとっては楽しみが増えるかもしれません。

 

実家のローテーブル、ダイニングテーブル、それぞれで使用するおススメのベビーチェアをご紹介します。

豆椅子

ローテーブルを食卓にしている実家に置いてもらう離乳食の椅子でしたら、やっぱり豆椅子がおススメです。

上手にお座りができるようになるまでは、ちょっと頑張って抱っこで食べさせるようになってしまいますが、お座りができるようになってからは、断然豆椅子を推します。

お財布にも優しいですし、軽くて移動が楽なので実家の茶の間の隅に置いておいても、さほど邪魔にならないのではないでしょうか

ごく普通の豆椅子ですと、兄弟分購入したとしても、重ねておけると思います。

 

また、モノによっては、折りたためる豆椅子もあるようですよ。

折りたためる豆椅子であれば、使用しない時は納屋などにしまっておけますね。

 

赤ちゃんの大好きなキャラクターなら、赤ちゃんも実家での食事が楽しみです。

⇒ 静かな豆イス トーマス

リッチェル 2WAYごきげんチェアK

リッチェルの中でも、人気のベビーチェアです。

ローチェアとしても使えますし、ダイニングでは大人の椅子に取り付けてハイチェアとして使うことができるので、とても便利。

また、重さが1.3㎏と軽いので、持ち運びが楽なんですよ

このベビーチェア、実家に置いておくのにも便利ですが、帰省する際に車に積んでいけちゃいます。

さらに、台座の部分が取り外し可能なので、成長に合わせて台座の高さを2通りに変えることができるのも、おススメしたいポイントです。

高さが13.5㎝と8.5㎝の2パターンで、7か月から5歳くらいまで長く使用できる設定となっています。

⇒ リッチェル2WAYごきげんチェアK ホワイト

 

 

赤ちゃんを連れての実家への帰省は、荷物が多くなって大変!!

イマドキのベビーチェアは、たいへん便利なものがたくさんありますので、使わない手はないと思うんです。

ぜひ便利なグッズを活用して、なるべく楽に帰省できるとよいですね。

そして、おじいちゃん、おばあちゃんと楽しいお食事タイムをお過ごしくださいね。