一人目の育児でノイローゼみたいになってしまったのに、2人目を想像するだけでも怖い。でも、やっぱり兄弟がいたほうがいいだろうとも思うし。でもまたあんな大変な思いをするのは、無理無理と思うし。2人目について悩んでいるママ多いんです。

スポンサーリンク

2人目を産むか、産まないかで悩むなら

なぜ今2人目という言葉で悩んでいますか? それは、自分の中で兄弟は必要だろうと思っているのか、周りから2人目を待ち望まれているのか? そして、2人目はほしいが、今の経済状況、育児環境などから、無理なのではないかと考えているから、どうしようか悩んでいるのでしょうか?

整理して考えてみましょう。

自分が一人目大変だったけど、やはりいつかはほしいと思っている方は、運は天に任せましょう。

作ると決心しても、簡単にできるものではありません。やはりタイミングや体調などさまざまな要件が関係してきます。なので、あなたにぴったりの時期を運命が考えてくれます。それがベストタイミングだと思います。流れに身を任せてみてもいいのでは。「案ずるより産むが易し」というのは出産についてのことわざです。つまり、昔からみんな悩んできたんです。

 

自分は子供は一人でもいいのではないかと思っているが、周りが2人目を望んでいる場合。

もし、あなたが育児ノイローゼで服薬中でそれを心配しているなら、病院の先生にまず相談されることです。

そして、夫、家族、友人、時としては1人目が手がかかるお子さんだったりして、ヘルプが他にない場合、思いきって、1人でいい、と宣言してはいかがですか?

今までいろいろな相談を受けて感じるのは、他人は変わらないということです。変われるのは自分しかいません。自分の心を決めたら、全てが変わります。一人っ子でもいいじゃないですか?

 

2人目を産むと決めたら知っておくべき3点

しんどい時期

2人目を産むと決めたら、心配なのは、いつ頃がまた辛い時期なのかですよね。やはり、妊娠中に抱っこはできないし、出産後や、授乳時期はどうしてもしんどいです。睡眠不足になります。

上のお子さんの年齢にもよりますが、オムツの時期とトイレトレーニングが重なったり、イヤイヤ時期と重なったら、やはり大変です。でも、上の子がいることで、独り言を聞いてくれる人がいる、に変わっています。

「なんで泣くんだろうね」とか「またウンチしてる」なんていうことを上のお子さんに話してください。きっと同じように悩んでくれるはずです。1人目のような育児ノイローゼはあまり感じないかもしれません。そこが2人目は違いますよ。

頼れる人を作ること

2人目になると、やはりどうしてもヘルプが必要です。パパも帰りが遅いからとか言ってられません。手伝っていないようで、役に立ってる時があるはずです。そこをうまくおだてて、パパがいないと2人も育てられないよと、褒めてあげましょう。男は褒めて育ててください

 

また、実家や夫の家族で手伝ってくれる人はしっかり使いましょう。2人とも預けて、たまには息抜きしてください。

もうこりごりと断られるかもしれませんが、どうだ、2人は大変なんだぞ、と感じてもらえるだけでいいです。

 

また、愚痴を聞いてもらえる友達も大切です。1人目の育児ノイローゼ状態の時も、そうだったと思いますが、やはり、気持ちを吐き出すのが一番です。

育児ノイローゼで服薬中の場合は2人目は計画性が必要

現在服薬中の場合は、徐々にお薬を減らしていくように、先生と相談しながら計画的な出産が望ましいです。パパとも相談をして、体が楽な形で2人目を妊娠されることをお勧めします。

 

でも、服薬していた人でも全然大丈夫というお話もありますので、あまり心配することはありません。

 

育児ノイローゼが心配なら、2人目を産まない決断でもいい

今までの育児ノイローゼの経験からもそうですし、自分としても2人の子育てをうまくやって行く自信がないと思ったら、産まない決断でもいいのです。

一人っ子では何がいけないのですか?と、世の一人っ子は思っているかもしれません。

誰にもあなたの決断を変える権利はないのです。産み育てるのはあなたなのですから。

 

たとえ、パパが2人目を望んでも、パパが結婚したのはあなたなのですから、そこをはっきりさせたほうがいいです。

そしてもう一つ、今は悩んでいても、数年後、もしかしたら、2人いてもいいかも、と思うかもしれません。17歳差の兄弟を知っていますよ。何が正解で不正解なんてありません。今を生きてください。あなたの決断を支持します。