生後5~6か月になるといよいよ離乳食が始まりますが、我が子の離乳食にはできればおしゃれなベビー食器を使いたいと思っているパパやママも。

そこで今回の記事では、ママタレで活躍中のゆうこりんが愛用していたもので、話題となったオシャレで可愛い離乳食食器について紹介していきます。

スポンサーリンク

ゆうこりんが使っていた離乳食食器はオシャレで可愛い♡♡

最近では、ブログやインスタグラムなどのSNSで、離乳食を素敵にアップしている画像をよく目にしますよね。

我が子の離乳食もベビー食器はオシャレで可愛いものを使いたいと、考えてるパパやママもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、芸能人が愛用して話題になっているオシャレな離乳食食器がないか探してみました。

いろいろ調べてみて辿り着いたのが、ママタレントで大活躍中の小倉優子さんが使っていた離乳食食器です。

ゆうこりんの愛称でおなじみの小倉優子さん…愛用していた離乳食食器は、オシャレで可愛いとママさんたちの間で大変評判となっていたんですよ。

 

小倉さんは、お仕事と子育て、家事を両立されているにもかかわらず、食事は彩りや栄養のバランスをよく考えられていますよね。

しかも使われている食器もとっても素敵で、ますますお料理が映えます。

使用されていた離乳食食器もオシャレで可愛いものばかりで、見た目も使い心地もよさげでした。

これから離乳食の準備に取り掛かるパパやママ、離乳食真っ最中のパパやママはぜひチェックしてみてくださいね。

 

ゆうこりんが愛用していた離乳食食器をご紹介

小倉さんが、使用していた離乳食食器の中から3点ほどご紹介させていただきたいと思います。

てのひら皿と食べさせスプーンのセット

ゆうこりんが使っていたものって可愛い…と、おそろいのものを求めるママも多く、一時期とても話題となった離乳食食器です。

「クラフトの実」の木でできている温かい雰囲気の手のひら皿は、ネーミングの通り、手のひらにすっぽりと収まる大きさなんですよ。

小さくてコロンとしたフォルムが可愛いですね。

これ1つで離乳食を2品入れることができます。

また、お皿を片手で持つことができるので、いちいちお皿を置いたり、持ち変えたりする必要がないので非常に便利です。

セットになっているスプーンの形状が、赤ちゃんの小さいお口にフィットするサイズなんです。

離乳食が終わった後は、薬味入れや小物入れにも使えそうですね。

見た目も使い勝手も、さらに実用性も兼ね備えた食器です。

 

La Chaise Longue(ラ シェーズ ロング)FERME(ファーム/ブルー)

こちらも、小倉さんが使っていた離乳食食器です。

ラ シェーズ ロングは、フランスの雑貨ショップのブランドで、日本でも人気なんです。

いかにも外国的な雰囲気の食器で、ウシやニワトリやネコちゃんの可愛い動物たちを描いているオリジナルデザインは、まるで牧場のイメージ。

セット内容は、プレート、カップ、スプーン、トレーの4点です。

材質はメラニン製で丈夫、ほどよい重みがあって使いやすそうですね。

離乳食後期にもなると、品数も増えて、手づかみも多くなるので、このプレートタイプのものは便利に使えると思いますよ。

さらに、セットのお皿やコップ、スプーンはトレーにはめ込むこともできますし、単品で使うこともできるので、離乳食のバリエーションが増えちゃいます。

全部食べると、隠れていた動物たちが現れるという遊び心も満載。

食器が鮮やかなカラーなので、彩りがキレイに豪華に見えてお料理も映えるので、お料理が苦手なママにもおススメです。

他に、レッド、イエロー、グリーンがあります。

 

ル・クルーゼ ベビーテーブルウェアセット コースタルブルー

ル・クルーゼ のベビー食器は、小倉さんはじめ、熊田曜子さんなど、芸能人のママに大人気なんです。

カラーバリエーションは、この他にピンクもありますが、どちらも色合いがとっても可愛いくてベビーにピッタリですね。

ベアーのラムカン、マルチプレート、ディッシュ、ベアーのプレートS・M、マグ、スプーンのセットです。

電子レンジオーブンOKで、圧力鍋にも使えますし、耐冷性もあるので冷たいデザートも作れちゃうんですよ。

何といっても、ル・クルーゼ 食器を使うだけで食事が楽しく、華やぎますね。

ですので、お食い初めにもおススメの離乳食食器です。

子どもが大きくなっても、いろいろなお料理に大活躍で、長く使えるのも魅力の1つです。

 

 

今回ご紹介した食器たち…大人目線からでもオシャレで可愛いですよね。

小倉さんはじめ芸能人の方は、離乳食食器にもこだわって、素敵な離乳食LIFEを楽しんでいるようです。

芸能人の方が愛用している離乳食食器!ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。