離乳食用に市販で売られているベビーフードは、忙しいときや外出時の救世主ですよね。

でもそのベビーフード、小食で食べきれない、または反対に食欲旺盛で足りない、など量で悩んでいませんか?

赤ちゃんのタイプ別に、離乳食でベビーフードを使うときの「量」の悩みを解決する簡単なコツをまとめてみました。

スポンサーリンク

離乳食用のベビーフードの量が多すぎる!小食ベビーへの与え方

離乳食の量が食べきれずに残してしまうと、もったいないし、外出先では持ち帰るのも面倒。

小食ベビーのママは、ベビーフードを使うときも悩みは尽きませんよね。

私も1人目と3人目の子が超がつくほど小食で、色々試しました。

そこで小食ベビーがベビーフードを残さず食べきれる、そんなコツをご紹介します。

 

普段から小食の赤ちゃんの場合、該当月齢のベビーフードだとしても、全量を食べきれる可能性は低いです。

そんなときは、パウチの中身をお皿に全部あけたり、瓶から直接与えたりしないことがコツです。

「これではちょっと少ないかな」と思うぐらいの量だけお皿に移して、残りは一旦冷蔵庫へ。

もし順調に食べ切って、まだ食べたそうにしていたら、また新しいスプーンでパウチや瓶から少しずつ足していきます。

追加分が冷たければ、レンジで10秒(500w)ほど温めます。

こうすることで、口を付けたものが大量に残ってしまうのを防げます

 

ベビーフードの残りがあるけれど追加しなくても満足しているようなら、残りは冷凍保存しましょう。

一度口を付けたものは衛生的に取り置きしておくのはNGですが、先に分けておいたものなら問題ありません。

 

保存容器に入れたり、ラップで茶巾包みにして冷凍庫に入れておけば、簡単に冷凍ストック完成です。

手作り同様、レンジでチンすればすぐ使えるので、経済的で一石二鳥です。

外出先にも持っていけて便利ですよ。

 

離乳食用のベビーフードの量が少ない!食欲旺盛ベビーへの与え方

食欲旺盛でベビーフード1袋の量が足りないなら、もう1パック増やせばもちろん解決するのですが、ベビーフードはお値段が張るのも悩みの一つ

モリモリ食欲全開だった2番目と4番目のうちの子に、ベビーフードを欲しがるまま与えるとお財布がピンチで、とてもできませんでした。

そこで、もっと経済的で、お手軽な方法で食欲旺盛ベビーを満足させちゃいましょう。

主食は手作り&多めに用意

雑炊やチャーハン系のベビーフードは、主食とおかずが合わさっているので本当に便利。

でも食欲旺盛赤ちゃんにとって、1袋で主食とおかずでは量が足りなくなるのが明らかです。

必ずベビーフードは、おかずのみのものをセレクトしましょう。

 

ちょっと手間ですが、主食は手作りで用意すると、まだ食べたい、と言う赤ちゃんの欲求に柔軟に対応できます

おうちならおかゆや軟飯、外出先ならパンやバナナ、おにぎりがおススメです。

もし食べなくても、そのままキレイに持ち帰れるものも良いですよね。

 

おかずをかさ増ししてボリュームアップ

ペロッと食べきってしまうおかずも、自宅にある食材を加えてボリューミーにアレンジすれば、赤ちゃんも大満足間違いなしです!

 

おかずや月齢にもよりますが、以下の素材がおススメです。

  • 冷凍ストックの野菜(カボチャ・サツマイモ・グリーンピースなど何でもOK)
  • 豆腐
  • チーズ
  • 炒り卵
  • きのこ類

量が増えるのももちろんですが、栄養価もアップするのが嬉しいところ。

冷凍野菜のストックを使えば、簡単に加えられますし、ストックの使い切りにも役立ちます。

もちろん、シチュータイプにはパン、とろみがついている和風や中華風おかずならご飯、といったように、主食と合わせてもグッドです。

 

授乳タイムで調節する

まだ食べたがるからと言って、安易に味が濃い目のベビーフードの量を増やしてしまうと、塩分や調味料の摂り過ぎも心配ですよね。

また外出先などで主食の調節やかさ増しが難しい場合もあります。

そんなときは、ぜひ離乳食後の授乳タイムをたっぷり取って、赤ちゃんを満足させてあげましょう

少し多めにミルクを用意したり、母乳の場合は長めに満足するまで吸わせてあげてください。

スキンシップ効果や安心感も得られるため、赤ちゃんが不安になりがちな外出先では、授乳が効果を発揮します。

 

外出前や外出後でケアをする

いくら足りないからと言っても、外出先では限界がありますよね。

そんな時は、外出する前や帰宅後の食事補助がポイントです。

自宅で軽く食べさせてから出かけたり、帰宅後は早めにご飯の時間にしてあげる、など柔軟に食事時間を調節してあげましょう。

多少離乳食タイムがずれてしまっても、たまにのことなら食生活に影響が出たりはしません。

 

赤ちゃんも外出で緊張するはずですから、少しでも機嫌が悪くなる要因を取り除いておいてあげると、ママもお出かけが憂鬱にならずに済みます

 

 

離乳食のベビーフードは、一般的な平均での量で用意されています。個人差が多い離乳食期の赤ちゃんが「少ない」「多い」と感じるのは当然のことです。

ぜひ赤ちゃんに合った量の調節をして、お手軽に経済的にベビーフードを利用してみてくださいね。