生後5~6か月からの離乳食のスタートに向けて、離乳食の椅子をどうしようかと迷われるご家庭もあるかと思います。

中には、椅子を購入せずに、床に座らせて離乳食を与えようとお考えのママもいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、離乳食をで食べさせる時の疑問についてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

椅子は使用せずに床で離乳食を与えるのは大変ですか?

離乳食が始まる5~6か月頃の赤ちゃんは、まだ腰が座っていないので、椅子の種類によっては、赤ちゃんがまだ座ることのできない椅子がたくさんあります。

もし、リクライニング付のハイローチェアやバウンサーをお持ちであれば、それに赤ちゃんを座らせて離乳食を食べさせると楽ですね。

でも、お持ちでない場合は、わざわざ購入する必要はないかと思います。

それは、新生児の頃から使用していればですが、これから購入するとなると、高価なものですし、場所も取ってしまいます、また、これから先の使用期間が短いので、もったいないかなと。

 

ですので、まだ腰の座っていない離乳食初期の頃は、床に座ったママの膝の上で食べさせてもよいでしょう。

慣れない椅子に急に座らせるよりも、赤ちゃんはママのお膝の方が安心するかもしれませんね。

この時期でしたら、そんなに大変なことではないと思います。

 

もし、大変だと感じるのであれば、この時期から座ることのできるバンボのような椅子もありますので、こちらなどを購入して使用するのもよいですね。

 

Bumboバンボ

バンボの椅子は、赤ちゃんの首が座った頃から使うことができるといわれています。

このタイプの椅子は、赤ちゃんの下半身をすっぽりと包んでくれるので、腰座り前の赤ちゃんでも安定して座ることができます。

抱っこが大変な時に、ちょっと座らせておけるのも便利です。

しかし、赤ちゃんが自分で動けるようになると脱走してしまったり、大きくなってくると窮屈になってしまったりと、意外に使用する期間が短いようです。

また、赤ちゃんの体形によっては、うまく座れないこともあるようなので、購入する際には、実際に座らせてみて確認したほうがよいかもしれません。

他のメーカーの同等品も数多くありますので、お子様にピッタリの椅子を選んでくださいね。

 

赤ちゃんの腰が座って、床に上手にお座りができるようになってからでも、まだママが赤ちゃんのお口に、食べ物をもっていってあげている段階でしたら、床に座って食べさせてもよいかなと思います。

手づかみ食べが始まるころには、赤ちゃんが自分で思い存分食べることができるように、椅子を用意してあげた方がよいでしょう。

 

椅子から脱走するので床で離乳食を食べさせていますがうまくいかない

離乳食の際に、赤ちゃんが椅子から脱走して危ないので、困っているというママは多くいらっしゃると思います。

ハイハイができるようになって、つかまり立ち、そして、歩くようになると、どうしても赤ちゃんってじっとしてませんね。

赤ちゃんが、どんどん成長していって喜ばしいことではありますが、この時期、ママは我慢の時だと思います。

 

床で食べさせていると、赤ちゃんが簡単に動くことができるので、離乳食の途中でどこかに行ってしまうこともありますね。

しかし、追いかけながら食べさせるのはよくありません

それは、ママが赤ちゃんを追いかけることで、遊んでくれていると赤ちゃんが勘違いしてしまうからなのです。

 

お腹が空いていなかったり、食べる事以外のもの、例えばおもちゃやテレビが目につくところにあったりしても、赤ちゃんが座って食べてくれない原因になることがあります。

もし思い当たることがあれば、環境を見直してみましょう。

 

また、離乳食を座って食べないような場合は、途中で切り上げてしまうのも1つの方法です。

やはり、腰が座って、手づかみ食べが始まるころには、椅子を用意してあげて、椅子に座って食べる練習をさせてあげたいですね。

 

もしよかったら、下記の記事も参考になさって下さいね。

⇒ 離乳食で椅子から脱走する赤ちゃんにイライラ!食事中の脱走を防ぐ究極のテクとは

 

離乳食は床で抱っこで食べさせるより椅子の方がいい?

腰が座る前でしたら、床でママが抱っこして食べさせてもよいと思いますが、お座りが上手になって手づかみ食べの時期になったら、椅子を用意してあげた方がよいでしょう。

理由は2つあります。

 

1つは、赤ちゃんが手づかみ食べをしやすいように、また、その時にママが汚れてしまわないように、椅子を準備してあげるとよいですね。

手づかみ食べのような、赤ちゃんが自分で食べるという行為はとても大切なことです。

手づかみ食べは、食べ物の感触や、指の力の入れ具合、そして持つ練習と、赤ちゃんにとってとても学習になりますし、食べる意欲にもつながります。

 

もう1つの理由は、お座りが上手になったら、座って食べるいうことを習慣づけるために、椅子が必要になってきます。

最初は、なかなかおとなしく座って食べてくれないかもしれませんが、焦らずに何回も何回も繰り返し言い聞かせてあげましょう。

 

ママとの離乳食が楽しくなるような素敵な離乳食用の椅子が見つかるとよいですね。